アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ITの見えないフェンスが、人を売り場へ導く。バーチャルフェンスマーケティング。

フリージャーナリストの西田宗千佳氏が書いた「顧客を売り場に直送する~ビッグデータがお金に変わる仕組み」を読んだ。



巷では何かと騒がしいビッグデータであるが、実際にどのように活用されているかとなると、まだまだピンとこない人が多いのではないだろうか。

かく言う私も、ツタヤを運営するカルチャーコンビニエンスクラブとヤフーの提携などビッグデータの可能性をニュースでは見聞きしているものの、果たして効果はどれほどのものかとやや懐疑的である。

本書は、そんな状況でのまさにタイムリーな出版であり、ページを捲るに付け、ビッグデータが宝の山であること、そしてその解析技術の進化を、活字を通してでありながらも「目の当たり」にした感がある。

本書のテーマは、ITと製品をつなぐ世界で今どのようなことが起きているのか、その最前線、最先端の取り組みを具体的に紹介し、ひとりでも多くの人に理解してもらうこととある。

スマートフォン、スマートグラス、スマートウォッチ・・・いつでも、どこでもというユビキタスを実現するデバイスに、進化したITが掛け合わされる時、予想もできなかった体験が可能になる。わくわくするような世界の実例が、本書で展開されているのだ。

そんな中で私が特に注目したキーワードが「バーチャル・フェンス・マーケティング」だ。

豊富なビッグデータをもとに、人の行動を予測し、ある場所(=バーチャルフェンス)でその人が求めている情報を提供、売り場へ直送するというもの。

広告の永遠の課題とも言える「ラストワンマイル」がバーチャル・フェンスによって一気に縮められるという、広告関係者にとっては夢のような技術である。

筆者は、ネットの定番とも言えるロングテールの考え方にも一石を投じる。

購買を含めてネットでの行動は、実はマスの情報の影響がより極端な形で反映されるというのだ。
つまりネットが進めば進むほど、情報の選択肢が狭くなり、より商品・サービスへの人気が集中し、それ以外のものはほとんどが目に触れられることなく消えていくらしい。

すぐさま頷くというわけにはいかない考え方であるが、確かに思い当たる節もある。既成概念を疑ってかかる必要がある、その好例かもしれない。

知っているのと知っていないのでは天と地ほどの差がある「ビッグデータ」の世界。より早く気付けばビジネスの大きなイニシアティブを握れるかもしれない。

本書は、まさにそんなヒントが満載の1冊である。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1343-f43adf40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。