アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顧客との関係は広告ではなく対話でつくる。アフターアクションマーケティング。

マーケティングコンサルタント、辻井良一氏の書いた「アフターアクションマーケティングのすすめ」を読んだ。



プロフィールによれば、辻井氏は「売れる仕組みづくり」をスローガンにしてさまざまな企業のマーケティングプロモーション戦略に携わり、日本初の「ネットでFIREキャンペーン」などを手掛けたそうだ。こう書くとここまでの道のりは至極順調だったように見えるが、本書を読むかぎり紆余曲折の日々だったよう。広告業界の盛衰と自身の体験のくだりは広告の変遷を知る上でも非常に興味深い。

さて肝心の本書の内容であるが、タイトルにもなっているように買って頂いた後のお客さまとの継続的な関係づくりにこれからのマーケティングの肝があるという自身の考え方を展開している。

AIDMAやAISASという広告会社のマーケティング発想は、ACTIONがゴールとなっている点で、すでに時代に合わなくなっているというのはもはや常識であるが、それではこれからのマーケティングはと言う意味で辻井氏は「アフターアクションマーケティング」というキーワードを呈示した。

アフターアクションマーケティングで辻井氏が重要視するのは「WEBサイト」と「コミュニティ」。

まぁこうしてみると正直、辻井氏の考え方はオーソドックスすぎていささか面白みに欠けるという感もある。しかし、それだけに一過性の考え方でなく、あくまで顧客との関係について押さえるべき基本を押さえているという点でそのまま実践できる考え方だ。

特に私が共感したのは、マーケティングの概念にCSRの必要性を持ち込んで展開している第5章、「企業は人柄を見られている」

辻井氏によれば、今、消費者はブランドや企業の“人柄”を見定めていると。
この会社は大げさで嘘つき。このブランドはお高くとまっていて生意気…
ソーシャルメディアの影響もあるのだろう。それだけに正直で真面目な向かい合い方が重要で、その姿勢が共感や信頼につながっていくのだ。

マーケティングの4Pや広告でいうAIDMAやAISASでどうこう考える前に、自分たちが事業と取り組む姿勢こそが、今の時代には重要であることを今一度考えなおす必要がある。

本書の最後で辻井氏は、マーケター、クリエイターとクライアントとの関係について、こう書いている。

「マーケティングの仕事、プロモーションの仕事は、課題の抽出と共有がすべてだと思っています。
課題が定まれば、策はおのずと湧いてくるものと考えています。
課題を定めるのは、クライアントとの協働作業以外に考えられません。
だからクライアントこそ仲間です。…」

クライアントとパートナー関係を結ぶことは並大抵ではないと思うが、アフターアクションマーケティングを実現する上には必須の条件かもしれない。辻井氏の実績の数々を拝見すると、なるほどこの考え方を貫いているからこその賜物とあらためて頷く次第。

インバウンドマーケティング、CRMと共通する部分も多い。これからのマーケティングの主流とも言える顧客との関係の作り方、マーケティングに携わる人、広告業界に身を置く人にとって大いに参考にできる考え方と思う。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1339-456f3cb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。