アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

「ほしい未来」は自分の手でつくる。それがソーシャルデザインの極意。

鈴木菜央氏の書いた“「ほしい未来」は自分の手でつくる”を読んだ。



著者の名前には馴染みが無いかもしれないが、ソーシャルデザインを紹介するWebマガジン(サイト)「greenz(グリーンズ」の主宰者といえば、あぁ、あのサイト!と思い出す方も多いのではないだろうか。かく言う私も長年の愛読者である。

もう1点、いささか余談ではあるが、著者の鈴木菜央氏、名前から可愛い女性!と早とちりされるかもしれないが、れっきとした男性で、イギリス人の父と日本人の母から生まれたハーフだそうである。


さて肝心の本書の内容。ソーシャルデザインが今のように注目されるずっと以前から、社会的な課題解決と向き合ってきた鈴木氏であるが、本書は30代半ばを過ぎた鈴木氏の半生記と言ってもいいもの。

本書を読む限り、今でこそ「greenz」という1日に多くの人が訪れる人気サイトの運営者だが、ここに至るまでには紆余曲折の壮絶な道のりがあったようだ。特に今日のようなスタイルに辿りつく前の苦悩に満ちた日々(自ら七転八倒の日々と言っている)の記述は読んでいても胸が痛くなるほど。起業の難しさを痛切に感じさせられる。

しかしながら、ただの半生記に終わらせないところが本書の最大の魅力であり、ソーシャルデザインの実践ガイドブックとして秀逸に仕上がっている。

本書の中で鈴木氏は、今の世の中を「ピラミッド型社会」から「生態系型社会」への移行期と捉え、その違いを次の7つのポイントで比較して紹介、これがかなり的を得ている。

1.自分ごと…ピラミッド型社会は「自分ごと」ではなく「他人ごと」にあふれている。

2.楽しさ…ピラミッド型社会は、「楽しい」ではなく「つらい」があふれている。

3.小さくはじめる…ピラミッド型社会では「小さい」ことは力がない象徴だが、生態系社会では「小さい」ことに価値がある。

4.淡々と続ける…ピラミッド型社会では、権力を持つ人々は「打ち上げ花火」を上げ続けなければアテンション(人々の注目)を得ることができない。生態系型社会では、そのような必要がなく、日々続けることが重要である。

5.参加者…ピラミッド型社会では、メディア、政治、経済の分野で権力を持つ人は、市民に「消費者」「観客」でいつづけてもらうために、多大な労力を払っている。生態系型社会では、ひとりひとりが人生の主人公。

6.弱いリーダーシップ…ピラミッド型社会では、「弱いリーダーシップ」より「強いリーダーシップ」が力を持つ。生態系型社会では、ひとりひとりが学び、成長し、無数の「弱きリーダー」たちが多くの人たちの共感を集め、それぞれが「ほしい社会」をつくっていく。

7.ビジョンの共有…ピラミッド型社会では、ビジョンは共有されるものではなく、単純化されたビジョンが、単に上から下に向かって拡散される。生態系型社会では、ビジョンは対話を通して、ひとりひとりが作っていくものである。

いかがだろうか。自分の会社や周りを見回してみると、環境によってはまだまだ「ピラミッド型社会」の真っただ中という思いを抱くかもしれない。
しかし、今起きている問題は、ほとんどがこの「ピラミッド型社会」の限界から生じていると鈴木氏も言っているがまったく同感である。したがって「生態系型社会」への移行は、今の社会の必然でもあるのだ。

誰もが自らの手で「ほしい未来」を実現できる社会。本書にはそんな可能性に満ちたヒントが満載である。

読者が何かを感じて行動を起こすことで世の中が変わっていく。ひとりでも多くの人が「自分ごと」として社会的課題の解決に取り組む。そんな日が1日も早くやってくることを願ってやまない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1335-d71c1c47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad