アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

どこにもない強いブランドをめざそう。それが小さな会社の生きる道。

スターブランド代表、コンサルタントの村尾隆介氏の書いた「今より高く売る!小さな会社のブランドづくり」を読んだ。



一貫して小さな会社のブランディングを手掛ける村尾氏。本書は、「日経トップリーダー」の人気セミナーを書籍化したもの。

本書を読んでもわかるのだが、村尾氏の特長はその立ち位置にある。ここが同じコンサルタントでも、また広告会社のプランナーやクリエイターと決定的に違うところだ。

その立ち位置とは、ずばりクライアントのパートナーであること。発注側と請負側という関係ではなく、あくまで横並びの仲間というスタンス。だから自分事として考えれられる。

たとえば広告会社の場合は、どうしてもメディアを売らなければ商売にならないので、いかにメディアを得るかに苦心する。場合によっては、クライアントの論理などお構いなしで、儲かるものを強引にすすめることになる(すべてがそうとは限らないが、自分が知っているはんいにおいては)。

対して村尾氏の考え方は明快だ。まずメディアは必要なし。いかに社員がその気になって自発的にブランドに貢献できるか、そのために全精力を注ぐ。クライアントが喜ばないわけはないだろう。

本書は、日経トップリーダーの人気セミナーの書籍化とあって、村尾氏の原点ともいうべき中小企業に対するコンサルタントの考え方がよくわかる1冊。

小さな会社は決して大企業の真似をしてはいけない。

大企業ができないことを小さな会社がやることで、はじめて大企業との違いを伝えることができるわけだ。あとは徹底的にこだわること。

本書でも実例として登場するが、よくもまぁここまでこだわることができると感心する。その繊細さも村尾氏が愛される理由と納得ができる。

価格を下げずに価値を上げる。決して値下げはせず値上げをして売ることにこだわる。

村尾氏の美学に信奉する信奉する経営者が全国に少しづつ増えてきている。
時代は確実に変わってきているのだ。うれしい限りである。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1330-d10098cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad