アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

情報氾濫時代、最強のマーケティング手法。戦略PR×インバウンドマーケティング×CRM

ベクトルの西江氏とシナジーマーケティングの谷井氏の共著「実践 インバウンドマーケティング」を読んだ。



インバウンドマーケティングといえば、アメリカで2006年に創業したハブスポット社のブライアン・ハリガンとダーメッシュ・シャアが提唱したマーケティング手法。

提唱者の二人によれば、インバウンドマーケティングの定義は次のようになる。

インバウンドマーケティングとは、見込み客に有益なコンテンツをネット上で提供することで、検索結果やソーシャルメディア上で自社を「見つけられ」やすくし、自社のサイトへ来てもらいやすくするというマーケティングコンセプト。

見込み客が自ら行動して「見つける」ところがポイントであるが、テレビCMと違うのは、同じ見つけられると言っても一方的に侵入してくるものではない点、圧倒的にコストがかからない点にある。

インバウンドマーケティングではあくまで見込み客が自発的に行動すること、見込み客の発見から最終アクションまでネット上で完結できること、そんなところだろうか。

本書「実践 インバウンドマーケティング」の話に戻ろう。

著者の西江氏は戦略PRのプロ、谷井氏はCRMのプロ。マーケティング領域ではまったく専門が違う二人ではあるが、ともにインバウンドマーケティングに興味を示し意気投合したことから本書は生まれたということだ。

かくして本書のテーマは「戦略PR×インバウンドマーケティング×CRM」、日本版インバウンドマーケティングと言ってもいい。

戦略PRで作った土壌を作り、キーワード経由でWEBへやってきた見込み客をCRMで育てる。まさにインバウンドマーケティングを中心にお互いの得意な領域が補完し合える。まさに最強のタッグと言っても過言ではないだろう。

マス広告が効かなくなった言われる一方で、こうした新しいマーケティング手法が注目を集めている。

重要なのは、この移り変わりにある背景の事情を理解すること、そしてまずは実践してみることだ。そこから見えてくることも沢山あるはずである。

本書「実践 インバウンドマーケティング」は元祖「インバウンドマーケティング」を日本の事情に合わせて、わかりやすく噛み砕いて書かれた、まさに実践の書だ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1324-174b2692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad