アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全社員を人生の勝利者にする。そのために経営がすべきことは?

外回りの営業マンを一切置かないことでも有名なネッツトヨタ南国、現相談役、横田英毅氏が書いた『会社の目的は利益じゃない~誰もやらない「いちばん大切なことを大切にする経営」とは』を読んだ。



いやぁ、こんな考え方ができる経営者が本当にいるのか?それが読み進めていく上で湧きあがってくる率直な感想だった。

とにかくすべてが私がこれまで常識と思っていた経営の逆を行く、まさに目から鱗の発想。

突拍子もない発想=経営成績に結びつかないという危惧も「ずば抜けた業績」という結果で覆してしまう。
結果が伴うだけに説得力が何倍も上がると言ってよいだろう。これぞ日本一非常識なカーディーラーの真骨頂だ。

横田氏の考え方は明確で一切ぶれがない。経営の目的は「全社員を(人生の)勝利者にする」こと。

では、その目的を達成するために何を一番大切にするか?
それは、売上でも利益でもなく、社員の成長と自立、そして人生の幸せを第一に考える。
やるべきことは、本人が持っている可能性を最大限に引き出し、それぞれの価値を発揮させることだいう。

この考え方を実践するにあたり、何時いかなる時も忘れないために、そして社員と考え方をひとつにして絆を作るためにネッツトヨタ南国が最も重要としているのが「経営理念」だ。
本書では、理念の重要性を第1章で真っ先に、しかも相当のページ数を割いて詳細に紹介している。

社員を大切にすることは決して社員を甘やかすことではない。
横田氏は徹底して考える社員を育てることを重要にしてきた。幹部や上司は一切指示を出さず、決定権も含めすべて仕事を与えられた社員にまかせる。マイクロマネジメントと言われるような、やたらに口出しをする上司はこの会社では存在しない。

本書のいたるところに非常識経営を象徴する見出しが並んでいるが、そのうちのいくつかを紹介しよう。

・目標より目的が大事
・人を動かすことができない経営理念はにせもの
・会社の「質」はすべて「人」から
・「今だけ カネだけ 自分だけ」を否定する
・全社員が船長として物事を考える会社
・今日の1台より、将来の100台
・大切なのは、お客様との親密度を深めること

どうだろう、こうして見出しを見るだけでもこの会社の独自性と愛される理由が強烈に伝わってくるのではないだろうか。

非常識経営、それは…

量を求めず質を大切にする経営。
利益は結果であり、目的は社員の成長と幸せにあると考える経営。
社員を信じ、社員の自主性にまかせる経営。
誰ひとり脱落者を作らない経営

常識を疑ってかかる、そこに独自のお客さまから愛される道への扉が用意されている。

売上を上げるために社員が疲弊しているような会社では長続きしないだろう。ましてや、社員に働かされている、やらされている感が強ければ、なおさらだろう。そんな会社ではどんなにニンジンをぶら下げたところで結果は好転するはずがない。

経営の目的は?経営者の発するひと言に、会社の未来が見える。本書を読んでそんな思いを強くした。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1323-603add0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。