アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカが主導した経済100年の常識を破る「里山資本主義」とは。

ベストセラー「デフレの正体」の著者である日本総合研究所調査部主席研究員、藻谷浩介氏が書いた『里山資本主義~日本経済は「安心の原理」で」動く』を読んだ。



90年代から00年代初頭、欧米から上陸し、たちまち日本中を席巻した金融資本主義。
しかしながら欧米発金融資本主義がもたらしたお金こそすべての世の中は、結局、私たちに幸せをもたらさなかったようだ。

それどころか年間の自殺者は3万人超。そして、ますます拡がる貧富の差。一部の富裕層にお金が集中する不可思議なシステム…

企業における成果主義も、まさに金融資本主義の産物であり、未だそこから脱せずに四苦八苦しているというのが日本企業の現状ではないだろうか。

前段が長くなったが、幸せをもたらさなかった金融資本主義のアンチテーゼとして、藻谷氏とNHK広島取材班が提唱するのが、「里山資本主義」だ。

コンセプトは、マネー資本主義の「マッチョな経済」からの解放。
肥大化した経済にさようならをして、等身大の地域経済のあり方を、もともとの日本に存在していた里山の暮らしから見直そうというもの。

というと、何か山に引きこもって霞を食べて暮らす仙人のような生活をイメージするかも知れないが、藻谷氏たちが提唱するのはもっと現実的なもので、決してマネー資本主義を全面否定するものではない。あくまで金融資本主義のサブシステムとしての里山資本主義なのだ。

里山の麓で、コミュニティと共存しながら自分らしい暮らし方を自らの手で見つけていくような生き方。かつて日本の至ることに存在した瑞々しい暮らし、かつてホッジがラダックの暮らしに影響を受け表わしたまさに「懐かしい未来」がそこにある。

藻谷氏いわく、日本経済は決して衰退などしていない、問題はゼロ成長と衰退を混同していることにあると。

無理な拡大を目指すから、人々の不安をかきたて、お金がすべての価値観を作ってしまう。
成長しなくても、地域で経済を回すことで、十分に幸せな生活を営むことができるのだと。

里山資本主義。人が人らしくある経済。藻谷氏の主張が現実になる日も近いのかもしれない、個人的にはその日がくることを楽しみにしたい。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1317-b3bbeb33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。