アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業が正しく一歩踏み出すために。ソーシャルメディアのはじめかた。

ソーシャルメディアコンサルタント、末広栄二氏が書いた「売上を2倍にする!ソーシャルメディア成功の方程式」を読んだ。



末広さんが一躍時の人となったきっかけは、加ト吉の中の人としてのTwitterでの発言。「おそれいりこだし」など、さまざまな名言も残し、売上拡大の一翼を担ったことは記憶に新しいところだ。

末広氏は、その後、讃岐釜揚げうどんチェーンに転職、現在にいたっている。

本書は、その末広氏が、過去の飲食業において、ソーシャルメディア活用により売上を拡大した手法を余すところなく紹介している。余すところなくとあえて表現したのは、この手の本はとかく抽象的な記述が多く、概念としては理解するものの、いざ実践しようと思うと「使えない」ケースが多いからだ。対して本書は、実例をベースに、その成功法則を共通の方程式にまとめ、即実践できるよう配慮されている。

もちろん実際のケースでは、担当としての意識や知識レベルの違いにより、結果は変わってくるだろう。しかし、その場合でもこの方程式に立ちもどればPDCAを回しやすいという利点がある。

本書で末広氏がもっとも伝えたかったこと、私はこう理解した。

それはソーシャルメディアはあくまで手段のひとつであり、なぜソーシャルメディアを使う必要があるのか?そもそもソーシャルメディアを使う前にもっとやるべきことがあるのではないか?
現状の問題点の把握、課題の抽出が必要不可欠であるということだ。
ソーシャルメディアだからといってその分野の知識があればよいというわけではなく、あくまでマーケッターとしての資質、知見が求められることは間違いない。

ソーシャルメディアは上場企業にとっては未だ両刃の剣のところがあり利用に躊躇している企業も多いと聞く。一にも二にもコンプライアンス上の問題がネックとなるのだろう。
そういう意味では、柔軟に対応できる中小企業の方がソーシャルメディアを活用するメリットも多そうだし、まさに今がチャンスである。

顧客、見込み客との継続的な関係づくりには、使い方によっては重要な役割を果たすソーシャルメディア。積極的に活用してファンづくりに取り組むのか、それともコンプライアンスやリスクを懸念して使わないか、後は経営者の決断ひとつである。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1314-dad29546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。