アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

「NO」を「YES」に変える、言葉のチカラ。

コピーライターの佐々木桂一氏が書いた「伝え方が9割」を読んだ。



この本、ベストセラーで重版となっており、多くの書店の店頭でかなりの冊数が平積みされている。
人気の秘密は、わかりやすさ。そして2時間もあれば読み切れる気軽さ。まさにコピーライターとしての技術が出版企画というジャンルでも惜しみなく活かされている点にまずは感心した。

佐々木氏は博報堂に入社後、コピーライターとして配属されたもののなかなか芽が出ず燻っていたある時、伝え方にはある法則があることを発見、その時以来、伝え方だけでなく人生までがらりと変わったのだそうだ。

本書はその体験をもとに、発見した技術をまとめたもの。

その人の印象は9割見た目で決まると言うメラビアンの法則が有名だが、こちらは結果は伝え方で9割決まるという、いわば佐々木の法則。

佐々木氏いわく、「伝え方には技術があり、共通のルールがある」「感動的な言葉はつくることができる」。

言葉の力で「NO」を「YES」に変えられたら。ひと言でいうと、本書はそんな願いを叶える本だ。

たとえば、こんな感じ。

「この領収書、落とせますか?」ではNOだけど、「いつもありがとう、山田さん。この領収書、落とせますか?」ならYESとなる。

方法はいたってシンプル。感謝の気持ちを伝えること、目の前の人に身近さを感じさせること、その技術を使う言葉に加えることで結果が大きく変わってくるのだ。

佐々木氏はこの「NO」を「YES」に変える方法を3つのステップで紹介している。

ステップ1:自分の頭の中をそのまま言葉にしない。
ステップ2:相手の頭の中を想像する。
ステップ3:相手のメリットと一致するお願いをつくる。

これを応用した別の例。

デートの誘いも、「デートしてくれない?」ではなく「驚くほど旨いパスタの店があるのだけど、行かない?」

確かにどちらもデートに誘っているのだが、3ステップが見事に反映されていて、結果が大きく違ってくる、わかりやすい好例ではないだろうか。

私自身、言葉を扱う元同業者としては、振り返ってみれば同じような技法を使っていたものの、ここまで法則的に考えたことはあまり記憶にない。言葉のプロとして言葉に対する意識の問題なのだろう、正直レベルが違うと佐々木氏には脱帽である。

これ以外にも本書では佐々木氏が開発した「強い言葉」をつくるさまざまな技術が紹介されている。

大抵の場合、コピーライターの技術は広告や販売促進ツールで活かされるものであるが、あらためて考えるまでもなく、いずれもコミュニケーションが前提であるから、人と人のコミュニケーションにも活かせるわけだ。

佐々木氏がいうように、言葉を変えれば、人生が変わる。それほどまでに重要な言葉ではあるが、意外と普段は意識されていない。そういう意味で「うん、なるほど」と思わずにはいられない、納得の1冊であった。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1312-906cb6b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad