アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

夢とビジョンの原点は「やりたいこと」

経営コンサルタント、野口吉昭氏が書いた「夢とビジョンを語る技術」を読んだ。



本書は2003年に出版された同名の書を大幅に加筆修正したものということだが、核となる部分は変わっておらず、それだけ本質的なテーマであると言える。

先の見えない混沌とした時代だからこそ、夢が必要であると考える。しかし夢のままでは漠然としたものだ。
リーダーが社員を導くためには夢に具体性を、実現性を持たせビジョンに変えて腹落ちさせなければならない。
ゆえにすべてのリーダーの仕事の基本はビジョンを描くことと野口氏はいう。

野口氏が考えるリーダーシップは、ビジョンシップ×マネジメントシップと定義づける。
時代や環境によって、求められる要素は変わるというのが野口氏の主張。
産業自体が発展途上にある時はカリスマ型リーダー、安定期に入れば戦略構想力・実行力に長けたリーダー、
企業として成熟期を迎えた後は、新たなイノベーションを描ける変革型のリーダー、というわけだ。

それでは今はどうか、というと、いうまでもなく、ミッションとビジョン構想力を兼ね備えたビジョンシップありきの変革型リーダーの時代で間違いない。
複雑性の増した時代、人の心を捉えるにはマネジメントだけでは解決できない、ビジョンシップが求められる所以である。

管理・監督より志と希望に満ちた夢・ビジョン。
自分のためにではなく、人のため、世の中のために描ける人。それこそ真のリーダー、経営者像ではないか。
そんなリーダーなら誰もがついていくに違いない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1305-2cfe863f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad