アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

あえて今世に問う。会社の究極の目的とは何か?

紺野登氏と目的工学研究所による「利益や売上ばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか」を読んだ。

20世紀はまさしく「手段」の時代だった。それでは21世紀は?というのが本書のテーマである。

本書における紺野氏と目的工学研究所の論旨は、21世紀は間違いなく「目的」の時代になるということ。

なぜなら、手段に捉われすぎて「本質」を忘れてしまった象徴が行き過ぎた成果主義であり、短期の利益を追求するあまり、人を金儲けの材料としてしか見られなくなった企業が続出した。
その末路が2008年のリーマンショックだ。
確かに数多くの成功者を生んだかもしれない。しかしその一方では、年間3万人を超える自殺者、減ることのない躁鬱病患者…すのすべてが「手段」を優先したため、と結論付けるのは言い過ぎだろうか。

幸いなことに、紺野氏によればこの経験を経てこのままではいけないと立ち上った世界の先駆者たちが今続々と「目的」の重要性を唱え始めていることだ。

そもそもビジネスにとっての「目的」の重要性は何も今に限ったことではない。
かつて高度成長期の松下幸之助も本田総一郎も井深大も、世の中のためにという「目的」の人だったのだ。

問題なのは、その後にアメリカからやってきた市場原理主義という考え方だろう。
その牽引の象徴とも言える「競争の戦略」を表わしたマイケル・ポーター教授も今はCSV=共創価値の創造で、経済性と社会性の両立を唱えている。またアメリカではこのところドラッガーの経営理論が再び脚光を浴び始めているらしい。

さて肝腎な本書の内容だが、著者いわく「世界は目的で動く」ことを知る8章で構成されている。

後半は研究のテーマになっている「目的工学」の考え方についてより詳細に書かれており参考になるがやや難しいところもある。
私が特に注目して読んだのは、冒頭の2章。

第1章:利益や売上は「ビジネスの目的」ではありません。
第2章:イノベーションは「よい目的」から生まれてくる。

冒頭に書いたとおり、現代は、「そもそも何のために事業をしているのか?」という目的が問われている時代なのだ。もちろん売上や利益は企業の存続にとっては欠かせないものであるが、それはあくまで結果であり、それ自体を目的とするような会社はすべからく顧客からそっぽを向かれ市場から退場させられる。
今必要なのはイノベーションと声高に叫ぶ経営者もいるが、イノベーションの原点は、常に世の中をもっとよくしたいという熱い思いである。思いがなければそもそもイノベーションなど生まれない。

この2章では「目的」の重要性が、豊富な実例とともにわかりやすく整理されており、この2章だけでも本書を読む価値があると私は思う。

「目的」か「手段」か、ビジネスにおける永遠のテーマであるが、ネットで企業も丸裸にされる時代だけに、目的を忘れた会社・経営者には顧客の鉄槌が食らわされることも覚悟する必要がある。

“どう儲けるか”より“どう世の中のためになるか”
世の中はアベノミクスでうかれ始めているが、そんな時だからこそ、当たり前のことではあるが忘れがちなことと、今一度向き合う必要があるのではないだろうか。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1302-1467148c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad