アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

進化から深化へ。真価が問われはじめた企業のCSR。

早稲田大学商学学術院商学部教授、谷本寛治氏の書いた「責任ある競争力」を読んだ。



本書はCSRについて書かれた本である。

重要なキーワードであるのに一般の人へはなかなか認知が進まないCSR。

コーポレートソーシャルレスポンシビリティ=企業の社会的責任と訳されるが、認知・理解が進まないのは偏に覚えにくいから。特に日本人にとっては馴染みにくい英語3文字の構成だ。もう少し分かりやすい言葉であったなら、日本でも早く浸透したのではないかと思うのは私だけだろうか。

いささか余談になるが、あらゆる分野でグローバル化が進む現代、新商品や新サービスは、企画段階からグローバル展開を視野に入れたネーミングが必要なのかもしれない。

さて肝心な本書の内容であるが、CSRがいよいよ新しい次元に入ってきたことを予感せずにはいられない1冊だ。

CSR=企業の社会的責任というと、以前は利益を上げたら寄付をするような社会貢献活動を指していたような気がする。あくまで利益最優先で、利益が上がらないとなった途端、続けてきた寄付もあっさりご破算にしてしまう。それが当然と考えていた経営者も多かった。

それに対して、本書が伝える最前線のCSRは様相が変わってきた。株主を始めとするステークホルダーの成熟もあるが、事業そのものを社会と紐づけて考える経営者が増えてきている。彼らの存在が、CSRそのものを、より企業と関わりの深いものへと進化させているようだ。

しかしながらその一方で、企業によってはいまだ「CSRって何?」という温度の低いところもある。
そういう意味では、事業と社会性を結びつけ経営に活かし成果を上げている企業とそうでない企業の差がますます開いてきているというのが実態と想像する。

幸いなことに、本書では企業がCSRと真剣に取り組むことで、ステークホルダーとのパートナーシップにより商品やサービスの開発において新たなイノベーションにつなげている先進的な事例がたくさん紹介されている。もし意識レベルの低い経営者が読んだとすれば、相当焦りを感じるだろう。

本書を読むにつけ、この傾向はこの先2年3年でさらに加速していくものと実感を新たにした次第。

CSRと連動した重要なキーワード、サステナビリティ。
短期の利益追求、拡大思考から持続的かつ長期的な成長の時代へ。競争から協奏(=共創)へ。消費者の企業の評価軸も大きく変わってきている。

経営者・企業幹部は、この価値観の転換を今こそ肌で受け止めなければならない。
「何のために事業を行うのか?」「どんな価値を提供して世の中のためになるのか?」「社員の幸せは実現されているのか?」
CSRを通して企業の真価を問う。ステークホルダーの厳しい目がそこにあるのだ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1298-7c89b530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad