アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝えるだけではダメ。大切なのは相手の心を動かすこと。これからの広告人へ。

コミュニケーションデザイナー、笠松良彦氏が書いた「これからの広告人へ」を読んだ。



大学卒業後、NECに入社。その後、博報堂に転身、電通を経て、2005年に電通とリクルートのジョイントベンチャーとしてメディア・シェイカーズを設立し、フリーマガジンの「R25」事業を手掛けるという異色のキャリアの持ち主。
現在は、自身の会社イグナイトを立ち上げ、企業内外のコミュニケーション領域の課題解決に取り組んでいる。

本書は、その笠松氏が変化の著しい広告業界において広告人として生き残る術を記したもの。

笠松氏が強調するのは、マーケットからみて自分のアウトプットにはいくらの価値があるのか?会社の看板を外したら、自分にはどんな価値があるのか?いつも自問自答して取り組むこと。

実際に自身の会社イグナイトでは、それぞれの人間が、自身の仕事に対してクライアントと相談してすべてに金額を付けてもらっているそうだ。

長い景気低迷でどの企業においても広告費の削減が課題となっている今、広告人の今後は厳しいと言わざるを得ない。そんな中で生き残るためには、どの会社に属してどんな役職についているかより、ひとりの広告人として何ができるかがますます重要になってくる。
年齢も肩書も関係のない時代が進んでいくに違いない。

さて肝心の本書の内容であるが、

・広告人とは何か?
・広告の仕事とは何か?
・コミュニケーションとは何か?
・広告人が良い仕事を成し遂げるために必要なことは何か?
・今、広告人に求められること
・私が理想とする仕事の仕方
・特別付録・プレゼンテーションについて

以上の章で構成されている。

その中で特に私が注目して読んだのが、広告人が良い仕事を成し遂げるために必要なことについて書いた章。

笠松氏が大切にするのが、人的ネットワーク。仕事毎にさまざまな専門職が必要となるのが広告の仕事。しかしどんな仕事が来るのかは千差万別。だからこそ、普段からのネットワークづくりが仕事においての財産になるのだ。ある意味、いちばん属人的な業界が広告業界なのかも知れない。
笠松氏は電通に転職した際、一流といわれるクリエイターと人脈を作るため、自腹で食事やお酒に誘い無理やり仲良くなってもらったのだそうだ。その人脈がその後の仕事につながったことは言うまでもない。

GIVE&GIVEとかGIVEの5乗とか言われるほど、今はまず相手に自分の持っているものを提供することが大切だ。
仕事の付き合いも同様で、自身の利益を求めれば求めるほど利益が得られないというジレンマを抱えるだろう。
しかし重要なのは信頼関係が生まれてこそ、利益がついてくるということ。
笠松氏の話は、まさにその大切さを教えてくれている。

広告業界を離れてみて、あらためて広告人という職業の素晴らしさを実感している。

二つと同じ仕事はなく、毎日新鮮な気分でいられる。そんな仕事は周りを見渡しても見当たらない。
すべての広告人は、この幸せを噛みしめ、自らの手で未来を切り開くべきではないか。現状を嘆いている時間があるなら…。

本書「これからの広告人へ」は、そんな、広告人が幸せな存在であるための「未来への羅針盤」となるに違いない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1283-da5f15e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。