アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

人は、正しいことをすると、もっと正しいことをしようとする。パタゴニアの哲学。

パタゴニアのイヴォン・シュイナードとヴィンセント・スタンリーの書いた「レスポンシブル・カンパニー~パタゴニアが40年かけて学んだ企業の責任とは」を読んだ。



かつて私が学生だった頃、ポパイ創刊とともにアウトドアブームが起こり、アメリカ発のアウトドアブランドが最先端のファッションアイテムとして人気を博した。シェラデザイン、ウーリッチ、ノースフェイスなど、海を渡ってやってきたブランドは、またたく間に私も含めた日本の男子をとりこにした。パタゴニアもそのうちのひとつだった。ただパタゴニアはどちらかというとプロ仕様で、私のようなひ弱な人間にとっては敷居が高かったが…

当時、かれこれ30年以上も前から今日に至るまで、数少ない息の長いブランド、パタゴニア。

さらに今日のパタゴニアを有名にしたのはイヴォンの前作「社員をサーフィンに行かせよう」だ。良い波の立った日には仕事中のサーフィンを認めている、あの会社である。

本書はそのパタゴニアの創業者と経営の実務を担当してきたふたりが、企業が経営を通して社会的責任を果たすには、どのように考えどのように行動すべきかを、自らの歩んできた道を振りかえり記している。

社内にいち早く託児所を作ったり、リサイクル材料を積極的に使ったり、今日では社会的企業の代表と言われるパタゴニアであるが、創業当時は利益を追求するごくごく普通の営利企業だった。それが会社の節目節目で、社会的企業に生まれ変わる、エポックとなる重大な気づきがあったそうだ。

たとえば、本書にも登場するコットンの問題を知った時。

コットンは、栽培されるのに大量の化学肥料と大量の水が使われているのだそう(ちょっと前までそんなことも知らなかった私みたいな人間もいるが)だが、その環境へ与える影響の大きさに脅威を感じ、自社で使用するコットンをすべてオーガニックに変えたそうだ。当然、コストがかかるから価格に跳ね返ってくるが、その必要性・重要性を顧客が理解し、その決断に共感してくれたから今日のパタゴニアが存在するのだろう。

パタゴニアの哲学、それは「人は正しいことをすると、もっと正しいことをしようとする」という言葉に集約される。

いわゆる性善説からしか生まれないこの哲学こそ、パタゴニアがパタゴニアたる所以なのだ。

たとえパタゴニアに共感した企業が自社のふるまいを変えたとしても考え方そのものを変えられなければ長続きしない。考え方=価値観が最も重要であるし、その価値観を形作るのはあくまで経営者自身なのである。

イヴォンのような経営者が1人でも増えることが社会を今より良くすることだと思うし、そうならなければ次の世界へさらに大きな負担を背負わせることになるだろう。そうなってはいけない。そうしないことが私たち世代に課せられた重要な課題であることは間違いない。そのために私にももっとできることがある。本書を読んでその思いを強くした。

さて。日本にも出でよ、次なるイヴォン。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1267-d3257592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad