アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社員を全力で幸せにする会社。そんな会社を顧客が応援する時代。

「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者、坂本光司氏が書いた新刊「社員と顧客を大切にする会社」を読んだ。



よく企業経営に大切なものとして「ヒト」「モノ」「カネ」と言われるが、坂本氏は、1に人財、2に人財、3に人財という。モノもカネも、人財のための道具だからという考え方だ。

大学教授でもある坂本氏の研究方法はひたすら企業を訪問して人を幸せにする会社の共通項を見出すこと。これまでに訪問した会社は7000社。そのうちの700社の「人を幸せにする会社」を研究してわかったことが次の5人を大切にする会社が継続的に好業績をあげているということだった。

5人とは、
1.社員とその家族
2.社外家族とその家族
3.現在顧客と未来顧客
4.地域社会・地域住民(社会的弱者)
5.株主・出資者

そして、大切にするのもこの順番と坂本氏はいう。

上場企業であれば、まず株主であるし、一般企業でいえば大抵は顧客という答えが返ってくると思うが、実は業績の良い会社はすべからくまず社員を最優先して考えていることがわかったのだ。

考えてみれば社員が自分を幸せに思えなければ、とても顧客を幸せにすることはできないだろう。だからこの順番なのである。この当たり前のことをわからない会社が多いことが今の日本の低迷した状況を物語っている気がしてならない。

本書は、この調査に基づいて、社員の幸せを最優先しつつ好業績を残している48の会社の実例をそれぞれの要素別に紹介している。

当地区で馴染みの深い岐阜の未来工業をはじめ、私が常々素晴らしい経営理念を持つ会社と思っている伊那食品工業、私も愛用するメーカーズシャツ鎌倉、そして坂本氏の本に度々登場して有名となった、涙なくして語れない物語を持つ日本理化学工業など、常識の逆をいく、とても不可能と思われるような人への思いやりを持った会社ばかり。

これらの会社に共通しているのは、こうあるべきという思いがはっきりしているから、ふるまいがぶれないこと。そしてこうだと信じたらひたすら貫くこと。
中途半端でなく愚直に信じた道を歩き続けてきたことで、少しづつ共感するファンが増えていったのである。

結果を求めて動くのではなく、揺り動かされる強い思いがあって、振り返ってみたら結果が付いてきていたというのが、本来の正しいビジネスのあり方ではないだろうか。

私は経営者ではない。だから経営者の気持ちはわからないのかもしれない。しかし逆に使われる身だからこそ経営者にこうあってほしいという気持ちは人一倍に強い。経営者と社員の関係は、雇用という枠をとっぱらえば、人と人の対等の関係である。そこを履き違えた経営者はいつまでたっても社員を幸せにはできない。

会社の成功不成功を決めるのは、経営者の経営能力ではなく経営者の人柄なのかもしれないということだ。坂本氏の本を読むたびその思いにかられる。

お金への執念をたち切って社員の幸せを一心に考えてみる、そんな会社を顧客も良い会社として共感できるのだろう。そんな時代なのだ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1261-d4a80b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。