アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッションとは灯台の灯りのようなもの。社員と会社の未来を照らす。

田中道昭氏の書いた「あらゆる危機を乗り越え、持続的成長を可能にする~ミッションの経営学」を読んだ。



田中氏はもともと外資系の金融機関につとめ金融資本主義を実践していた過去を持つ。しかしながらパワフルに働けども幸せを感じられない自分に限界を感じ、コンサルタントとして独立した今は正反対とも言える考え方で企業のコンサルティングを行っている。

田中氏のコンサルティングの柱は、「ミッション経営」と「ホワイトオーシャン戦略」。

ホワイトオーシャンとは聞き慣れない言葉だが、それもそのはず田中氏の造語だそうだ。
競争が激しい市場を指すレッドオーシャン。参入者が少なく競争相手のいない市場を指すブルーオーシャン。ここまでは皆さんもご存じだと思うが、対してホワイトオーシャンとは自社のこれまでに蓄積したノウハウ、人材や顧客にこそ新たなビジネスチャンスが眠っているという考え方。
つまりブルーオーシャンのようにチャンスを外部に求めるのではなく、自らのうち、それも人や商品という身近なところに求めるというものなのである。

田中氏はこの考えに至ったきっかけとして、ソニーをはじめとする日本の大手家電メーカーの凋落ぶりを挙げている。
経営合理化を求めて米国型の事業部制の仕組みと人事を取り入れたため、それまでの技術・開発型の企業風土の良さをすっかり失ってしまったことがその結果を招いた最大の原因であると。自らの内にあった強みを自己否定して迷路に入り込んでしまった、まさに最悪の結果ともいえる。

この姿を分析して、田中氏はいたずらに新しい手法や外部に答えを求めず、もともと自ら備えている強みや潜在的なポテンシャルを最大限に活かすことこそ企業再生の鍵として、ホワイトオーシャン戦略という考え方に至ったのだ。

そして、このホワイトオーシャン戦略を実践するために欠かせない唯一無二の要素が実は「ミッション」なのである。確かにミッション自体も経営者の心のうち、そして企業の中にもともと備わっている存在意義であるわけだから、ホワイトオーシャンと同義と言っても良いのかもしれない。

田中氏は企業の持っている価値を3つ挙げている。「株主価値」「顧客価値」「従業員価値」の3つだ。
欧米型の経営でいえば間違いなく「株主価値」が最優先されるべきだろう。しかしながら、ミッション経営で考えれば間違いなく従業員価値が最上位の価値になる。実際、従業員のモチベーションが高い会社ほど顧客満足が高く、結果として利益が上がるため株主満足につながっているという調査結果もあるそうだ。

確かに今伸びている会社を眺めてみると、言葉や形は違えど、強いミッションを掲げ従業員を大切に考えていることがわかる。

管理で従業員を縛る時代は終わった。「何のために自社が存在するのか」ミッションを共有し、あとは信用して任せることで社員が伸び伸びと自主的に働くマネジメントを目指す時代なのだ。なぜなら成熟した顧客は不満足そうな従業員の心のうちを簡単に見透かすことができるからである。

先が見えない時代だからこそ、未来を照らしてくれる灯台のような存在であるミッションが、何より働く人の心のよりどころとなるのだ。ミッション経営が世の中に浸透することを切に願う。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

ありがとうございます

「ミッションの経営学」の田中道昭です。

ブログで本書を取り上げていただきありがとうございます。

本書は、私が失ってからようやく気付いた一見「当り前」のような大切な事柄を、周りの人達や読者の方々には見失うことの前に再発見していただきたいという強い思いで創り上げてきました。

少しでもご参考にしていただけるところがあれば本当にとっても嬉しいです。

引続きよろしくお願いいたします。田中道昭

  • 2012/11/02(金) 13:20:49 |
  • URL |
  • 田中道昭 #-
  • [ 編集]

Re: ありがとうございます

> 「ミッションの経営学」の田中道昭です。
> ブログで本書を取り上げていただきありがとうございます。

田中様、こちらこそコメントありがとうございます。

私自身も長い間マス広告の世界に身を置いて、ミッションとは程遠い消費拡大のみを考えて仕事をしてきたような気がします。しかしながら広告業界を離れ1企業の経営企画の仕事をするようになり、今さらながら企業にとってのミッションの重要さを痛感しております。
そんな折に出会ったのが田中様のかかれた本書でした。これまでにも様々な方のミッションに関する本も読ませて頂きましたが本書ほど腹に落ちる本はありませんでした。田中様の今後の活躍を大いに期待する次第です。講演などされる機会がありましたらぜひお話をお聞きしたいとも思います。今後ともよろしくお願いします。

隅田 優

  • 2012/11/03(土) 20:59:48 |
  • URL |
  • スミダマサル #-
  • [ 編集]

ありがとうございます

隅田様、

早速にコメントをいただきありがとうございます。「ミッションの経営学」の田中道昭です。

一つの企業の経営企画のお仕事に携わるようになって、さらにミッションの重要さを再認識されていらっしゃるという隅田様の思いには大変共感いたしました。

ミッションは、会社にとっても、人にとっても、この世の中に存在している意義であり、自分が既に今のままでもいかに恵まれた存在であるかに気付いた上で、これが見出せれば大きな自己変容をもたらすものだと思っています。

そして、本書で述べたように、ミッションはモチベーションの源泉でもあり、リーダーシップの中核でもあると思います。

また小職の講演の機会にご興味をもっていただきありがとうございます。ちょうど主宰する志高塾ビジネススクールで無料の特別セミナーを11月15日(木)と19日(月)の19時から紀尾井町で開催いたします。スケジュール調整可能であれば是非とも以下のHPからお申込いただければ大変光栄です。詳細が明記されています。

http://www.merging-point.com/608.html


隅田様とのご縁に心からありがたいと感謝申し上げます。

田中道昭

  • 2012/11/04(日) 08:42:43 |
  • URL |
  • 田中道昭 #-
  • [ 編集]

こちらこそ、ありがとうございます!

田中様

ご案内ありがとうございます。
せっかくのお誘いですので個人的にはぜひとも駆けつけたいところですが、そのあたりすでに予定が立て込んでおり調整がむずかしそうです。
サイト等拝見して、またの機会にお話をお聞きに伺いたいと考えます。

今後ともよろしくお願い致します。ありがとうございました。 

隅田 優

  • 2012/11/04(日) 09:10:21 |
  • URL |
  • スミダマサル #-
  • [ 編集]

あり

御連絡ありがとうございます。

また近い内にお目にかかれることを楽しみにしています。

田中道昭

  • 2012/11/04(日) 09:23:07 |
  • URL |
  • 田中道昭 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1252-37c3a460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。