アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

なにものにも替え難い、対面して話す価値。

ひと昔前、インターネットが世の中に浸透していく時。
ネット社会になるとメールで事済んでしまうため会う機会が少なくなる、というようなことが言われた。

しかし実際は、減るどころか会う機会が多くなるというリサーチ結果が出て「確かにそのとおり」と激しく同意した記憶がある。

そして、今やソーシャルメディア全盛の時代だ。
フェイスブックを始めとするSNSは、まさに出逢いの機会を創造するメディアである。実名制であることも大きいだろう。

久しく会っていなかった懐かしい友人と。出かけていたイベントで出会った人と。善循環と言いたくなるほど、SNSをきっかけにあらためて顔を合わせて話す機会が加速度的に増える。

自分自身振り返って考えてみると、広告会社にいた頃は、同じ業界の人と面識はあっても、いざ食事をするとしても利害が働きそうでなかなか気軽に約束して会うことが難しかった。特に競合関係にある広告会社の人となると大いに抵抗があったものだ。

それが、幸い(生活面では幸いではないが)会社が無くなり同時に広告業界を離れたこともあり、いまは広告業界の知り合いともまったく利害関係がなく、会って気軽に話ができるようになった。
正直、広告会社にいた時の何倍も会って話しお酒を飲む機会が増えている。
業界を離れた時は予想すらできなかった、うれしい誤算である。

今思うこと。

会うということはそれなりにエネルギーがいる。しかし、そのエネルギー以上に新たなエネルギーをもらうことができる。ある程度知っていると思っていた人でも、あらためて心を開いてフランクに話してみると、その人の新たな魅力を発見でき、うれしくなる。

だから、時間が許す限り、人と会うことを優先したい。対面して話す価値は何ものにも替え難いのだ。
これからのビジネスは、意外とそんな関係から生まれてくるような気がしなくもない。楽しみである。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1241-713f177d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad