アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

住所も連絡先もない不思議なチラシ。

コンサルタント佐藤元相氏の書いた「あなたのところから買いたい」とお客に言われる小さな会社、を読んだ。



先に紹介した「あなたが先に儲けなさい」の菅谷氏と同様、佐藤氏もMBAも持たなければ有名コンサルタント会社出身でく大学すら出ていない。しかし逆にそのなにげなさが小さな会社にとっては親近感につながっているようで、世の中捨てたものじゃないとあらためて思う。

そもそも、できるコンサルタントが必ずしもすべての会社のためになれるかというと決してそうでもなく、特に中小企業となると高度な戦略よりもここぞという一点突破のアイデアが重要になる。ゆえに佐藤氏のような実践派のコンサルタントの出番となるわけで、ニッチな世界で自分のポジションを明確にすることがいかに大切か、本書は教えてくれている。

さて、本書の内容であるが、佐藤氏が追求する一貫したテーマ「感性マーケティング」を中心に展開。
感性というといささか抽象的だが、要はお客様との「共感」を前提としたマーケティングである。

本書に登場する実例は、自身が主宰する「あきない☆実践道場」でのものがベースとなっており、ここも先の菅谷氏同様、実践型コンサルタントの本領発揮といったところか。

佐藤氏のコンサルティングのポイントは、売り込まないこと。まずはお客様との関係づくりに主眼を置き、欲しいと思った時にいかに自社を思い出してもらえるかを前提としている。

タイトルに掲げた「住所も連絡先もないチラシ」もその考え方を具現化したものだそうで、新築の住宅会社などで実際に行っている実例。工事中で迷惑をかけるお詫びから入り、それ以上は一切連絡先すら情報を盛り込まない、しかもすべて手書きという徹底ぶり。

連絡先のないチラシなんてそもそもチラシなのか、ということだが、あくまでコミュニケーションツールであることが重要なのだそうだ。

広告業界に馴染み過ぎると綺麗に作ることが当たり前の常識になってしまうが、確かに伝わるかどうかというと一方通行で終わるケースが多いことは否めない。手書きがあることを良しとするかどうかは別として、相手の立場に立って心が込められていなければ、受け取る人には見抜かれてしまう。そういう意味では佐藤氏のコンサルはどこまでも顧客視点に立脚したコンサルだ。

感性=心を重視した佐藤氏のコンサルティング。売るのはあくまでお客様が必要な時、それまではじっくり関係づくりに努める。できそうでなかなかできない。ともすると我慢できず売りに走ってしまう。それこそ自分本位のマーケティングだ。佐藤氏の考え方は一見回り道のように見えるが、実は近道なのだということが本書を読むとよく理解できる。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1239-f93dcc5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad