アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儲かるまでコンサルタント料は頂きません。

菅谷信一氏の書いた「あなたが、先に儲けなさい」を読んだ。



自称、世界で唯一の出世払いコンサルタント。ビジネス的にいえば、成功報酬型コンサルタントとでもいうのだろうか。しかし普通は成功報酬といってもまったくお金を取らないわけではなく、基本料だけは取ったりする。

しかしながら、菅谷氏はとにかく相手が利益を出して払えるようになるまではびた一文も頂かないという徹底ぶり。そもそもそれで生活していけるのか、と考えるのは素人の浅はかさだろう、実際菅谷氏はこのスタイルで15年コンサルタントを続け多くの企業の再生を手掛けてきている。

私自身、菅谷氏の本は過去に2冊読んでいる。その2冊にも共通するのだが、菅谷氏の武器はインターネット、ある意味インターネットの申し子的な存在で、中でもユーチューブとアメブロ、ニューズレターが三種の神器。

この3点を中心にネット検索でその会社をある分野でずば抜けて知名度の高い会社に仕立て上げてしまう。

さて、なぜ出世払いなのかというと、菅谷氏のコンサルティングする会社はいずれも「余命6カ月」という倒産寸前の会社であるからだ。もともと払いたくても払うお金がないのである。

本書は、そんな会社を見事に甦らせた奇跡の物語が中心になっている。

この手の本は大抵がちょっとした事実をこれでもかと膨らませて書いてあるまゆつば的なものが多く疑ってかからなければならないが、菅谷氏に限っては戦術がシンプルで実に理にかなっている。

私自身ネットに長い間携わっていただけに、弱者の戦略と言うとまずは検索エンジンで上位にかかること、特にニッチな世界でのナンバーワンをとること、その点で菅谷氏のコンサルは、私も以前より共感できる点が多かった。
やや心配なのは検索エンジンからソーシャルストリームにネットの比重が移ってきていることだ。その点の菅谷氏の見解がここまでの著作では見えてこない。

加えて残念なのは、内容が充実しているのにもかかわらず、ややほら吹き的に読めてしまうことだ。せっかくの中身が逆に嘘っぽく見えてしまうのはやや大げさな語り口のせいかなと思う。少しもったいない気もしている。

それは別として、菅谷氏コンサルによる零細会社15社の再生事例は、読む人に勇気を与えてくれるのは間違いない。しかも、もし今会社が壁に当たっている経営者には、すぐに使って見てもよいと思える具体的なアイデアも満載だ。

コンサルタントというと、とかく先銭、何かあればお金お金という感じがあるが、菅谷氏の考え方を聞くと、少しほっとできる。可能であれば、ぜひ一度こんなコンサルタントと仕事をしてみたいものだ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1238-969f3aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。