アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電力使用量を半分にして、幸せ度を倍にする。

非電化生活を実践する発明家、藤村靖之氏の書いた「非電化思考のすすめ~マインドセットを打ち破る幸福な生き方」を読んだ。



藤村氏は那須に移り住み非電化工房を作り、そこで電気に頼らない生活を自ら実践し、その魅力を世間に発信している。

しかし電気をまったく使わないという反社会的な生活をしているわけではなく、タイトルにも掲げたようにあくまで電気の使用を必要最小限に抑えて、その分いかに楽しめるかに知恵を絞っている。

藤村氏がこの非電化思考を加速させたのは、那須の地で3.11の福島の原発事故を体験したことだ。

原発事故の想像を超えた悲惨さを体験して、電気がなければ成長できないという考えから180度変わって電気がなくても幸せな生活ができると確信した結果、今日の非電化活動に至っている。

藤村氏は、今の若い人たちは二極化していると言う。「競争社会思考」と「共生社会思考」だ。
言葉を変えれば「都会型」か「田舎型」かだそうで、年齢が下がれば下がるほど共生の意識が強くなっていることは間違いない。

つまりこれから世の中に出ていこうとしている若者たちはほとんどが「共生社会思考」と言えそうだ。

20代にクルマが売れなくなってメーカーの経営が厳しくなっているという話をよく聞くが、
このあたり「共生社会思考」という価値観をメーカーがもう少し研究すべきかも知れない。

もちろん可処分所得が少なくなったこともクルマがうれなくなった原因のひとつだと思うが、快適さや便利さに対する価値観が大きく変わっていることの影響が大きいのである。

本書「非電化思考のすすめ」、一見現実社会からの逃避のように見えなくもないが、実際にはこれからの新しい価値観にいかにマインドをリセットできるか、これからの世の中にその必要な理由を実にわかりやすく教えてくれる。

先にも書いたが、電気のない生活を指向しても今すぐは現実的でない。
大切なことは、必要以上に電気を使うことなく快適に暮らせる方法をそれぞれが知恵を絞ることだ。

原発を再稼働させなくても皆が幸せになれるのであればそれ以上の選択肢はない。
この本を読んであらためてそう思った。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1234-3aa16aaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。