アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

明日の自分には無限の可能性がある。

前アップル日本法人代表、そしてアップル本社の副社長を務めた前刀禎明氏が書いた「僕は、だれの真似もしない」を読んだ。



前刀とかいて「さきとう」と読む。珍しい名字、どこの出身かと思い調べてみると、なんと愛知県犬山市の出身だそうだ。犬山にはこの名字がたくさんあるのだろうか。タイトルどおり、「まさに、だれの真似もしていない」名字にまずは興味を覚えた。

さて肝心の内容であるが、今の世の中の人の生き方、企業のあり方に対して、これがなかなかの辛口。タイトル通り、独自性こそすべてと言わんばかりである。

前刀氏はその独自性を磨く方法として、「セルフ・イノベーション」を推奨している。

セルフ・イノベーションとは、日本語でいえば自己革新。

今の日本の最大の問題点は、企業も人も自己革新ができなくなっていることだとばっさり。

なぜそう考えるのかと推測すると、2年半ほどの短い期間であったが、やはりアップルのジョブズの近くにあって彼の強烈な思考に間近に触れた影響が大きいように思う。

ジョブズの価値観の象徴ともいえるのが、何と言ってもジョブズが復帰して最初のキャンペーン「Think different」だろう。前刀氏はその日本語訳にも「自分らしくあれ」を充てている。

前刀氏は言う。
「自分らしくあれ」を実践するためには、たえずセルフイノベーションを繰り返し進化させていかなければならない、と。

本書の中で前刀氏はセルフイノベーションを加速する方法として12のアクションを挙げている。

それは意外にも、アナログ的な、データを重視しない、当たり前を否定する、などなど、五感を全開にして感じることを大切にする、安易に流されず、自身の信じる道を突き進む、その先に誰とも違う確固たる自分ができあがるのだ。

本書での前刀氏は、レギュラーコメンテーターを務めるめざましテレビの甘いフェイスが醸し出す柔和な雰囲気とは裏腹にカミソリのような切れ味するどい印象である。

現在前刀氏は新たな会社を興して子供たちの教育に尽力している。

明日の自分には無限の可能性がある。
講演会等で最後を締める時に投げかける言葉だそうだ。そして、この言葉で自身をたえずセルフイノベーションしているのだろう。
ソニーから、ライブドアでの失敗を経て、アップルの経営に参加。十分な成功を手にしたはずであるが、今また新たなチャレンジを始めている前刀氏。彼のバイタリティの一端に触れるには格好の1冊である。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1225-32c46121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad