FC2ブログ

アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

宣伝会議インターネットマーケティング&クリエイティブフォーラム名古屋に参加して

今日、6月24日火曜日。名古屋で宣伝会議のインターネットマーケティング&クリエイティブフォーラムが開催された。
名古屋でここまでの規模のマーケターを対象にしたイベントははじめてと記憶する。
ひと頃のネットバブルを体験した人間としては、まさにバブル再燃という感じだ。

振り返ってみれば、インターネットバブル弾ける前夜。1999年くらいか。
名古屋でも東京のビットバレーの影響を受けてミッドバレーなるインターネット関連会社の集まりが熱狂とともに開催されていた。

しかし、バブルが弾けて潮が引くように、だれもいなくなった。
唯一といっていい生き残りが今回セミナー講師ともなっているマザーの八十住氏くらいでは
あるまいか。まことに感慨深い。

さて今回のフォーラムであるが、名古屋からはマザーのほかにタービンインタラクティブ、アクアリングの計3社がセミナー講師に。(雑誌サムシングの流れだろう)
その中で、タービンの志水氏の話を聞いたが、本来であれば広告会社が話すべき内容であった。
コミュニケーション戦略構築の主役が広告会社からWeb制作会社へ移行している証だろう。

志水氏いわく、時代の変化のひとつとして「どことパートナーを組むかが問われる時代になった」という話があったが、中小の広告代理店(あえて広告会社でなく)と組むと言う選択枝は恐らく限りなくゼロに近い%だと感じた。

そのほか、気になったのは三晃社とグレイワールドワイドが提携して生まれた三晃グレイのプレゼンテーション。テーマはケータイを活用した絆マーケティングであったが、ジュニアの常務はどう見てもアナログの人としか見えず存在感が薄かった。

いずれにしても、広告会社の競合は実は広告会社だけではなく、本当の脅威はWeb制作会社だとあらためて実感した次第。

宣伝会議インターネット&マーケティングフォーラム名古屋

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/122-0dd7ea24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)