アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

移行期的乱世を招いた「縮減モデル」、そして民主主義的な限界。

平川克美氏が書いた「移行期的乱世の思考」を読んだ。



移行期的乱世、つまり時代が大きく移り変わる時に一時的な混乱状態にある世の中、とでもいうのだろうか。

平川氏は、今まさにこの時をこのひと言で鋭く切り取った。あらためて言葉の力を思い知った次第である。

本書はこの移行期的乱世を、私たちはどのように考えて生きていくべきかについて語っている。

あえて語っていると書いたのにはわけがあり、本書は“考え続ける編集者”新求仁子さんが平川氏に行ったロングインタビューをまとめたもの。本書を読み応えのあるものにしているのは、この新氏の力に負うところが大きい。

さて、移行期的乱世同様に本書に度々登場するのが「縮減モデル」という言葉。本書の重要なテーマにもなっている。

縮減とは、物事を非常に単純化して考えるということで、ある意味民主主義の原則ともいえるキーワード。

平川氏いわく、ビジネスはまさにこの「縮減モデル」の典型で、“二項対立の式で物事の答えを出そうとするもの”と。

なぜそうなったかといえば、ビジネスとはそもそも株主の要請に応えて「良い結果を早く出す」宿命にあるものだからだそうだ。株主にとってはプロセスなどどうでも良い話で、どこまでいっても利益ありき、なのだ。

本当は、その間に複雑なプロセスがあるのにもかかわらず、それらをすっとばしてわかりやすく答えを求めてしまう(=縮減)、この縮減モデルの行き過ぎた結果が今の危機的状況、まさに混乱期の到来を招いた根源なのである。言いかえれば、民主主義の限界、危機と置き換えられるのかもしれない。

郵政民営化、イエスorノーと問いかけた小泉改革。そして必要か必要でないかの議論まっただなかの原発。
考えてみれば、このところの国の問題のほとんどに、この「縮減モデル」があてはまる。

それではこの混乱期に私たちはどのように考え行動すべきか。

大切なのは、縮減モデルをビジネスの場だけのものとして、決して個人の人生観に持ち込まないことだと平川氏は主張する。具体的には二項対立の問いに対して、もうひとつ次元を繰り上げて、常識と直観に立ち返ることが重要なのだそうだ。

読み終えてあらためて思ったこと。
それは、“すべての常識は疑ってかかれ”だ。そして立ち止まって物事の背景を今一度点検してみることが重要だということだ。

いたずらに結論を急がず、時にスピードを落としてゆっくり歩みをすすめる、そんな生き方が求められる時なのかもしれない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1218-5e26e594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad