アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

「自分ゴト×仲間ゴト×世の中ゴト」で創るこれからの影響力。

戦略PRの本田哲也氏、ソーシャルメディアマーケティングの池田紀行氏。
それぞれの分野で第一人者であるふたりの共著による「ソーシャルインフルエンス」を読んだ。



その分野の著作も豊富なふたりだけに、この度の合体は衝撃的でもあるが、そもそも過去の著作を読んでも共通点が多く、ある意味必然とも言えなくはない。

タイトルにもなっている“ソーシャルインフルエンス”とは、ひと言でいうと、世の中を動かす影響力。

このソーシャルメディアの出現によって生まれた新たな影響力をマーケティング力とするために、コミュニケーションをどのように設計すればよいかを解説しているのが本書だ。

本書の中で池田氏は、ソーシャルメディアをひと言で「公園のような場所」と説明している。

公園には毎日いろいろな人が様々な目的でやってくる。
そんな場所に突然企業が大音響を発するアドトラックでやってきて自社製品の売り込みを始めたら・・・
無視されるか嫌われるかのがオチだろう。

しかし、ソーシャルメディアではそこかしこでそんな無謀なことが平然と起こっていると池田氏。

みんなが集まっているから、そこで宣伝をすればすごく効果的なんじゃないか?
そこで宣伝すればみんなが口コミで拡げてくれるんじゃないか?

大いなる勘違いである。

しかし、広告関係者でさえもネットのリテラシーが低いと、旧来の広告と同じようにソーシャルメディアをこんな風に活用できると考える人が未だ絶えない。

公園には公園のマナーがありルールがあるのである。

だからこそ本書でふたりが提唱しているのが「自分ゴト×仲間ゴト×世の中ゴトのデザイン」。本書のテーマでもある。

自分に関係あると思わせる=自分ゴト。
仲間はみんな知っている状態をつくる=仲間ゴト。
誰に話しても知っている状態をつくる=世の中ゴト。

戦略PRとソーシャルメディアの適切に設計することで、人を動かし、話題をつくり、世の中を動かす。
その結果として商品が売れサービスが利用されるようになるのだ。

言うまでもなく、ソーシャルメディアマーケティングは、テレビCMのような瞬発力メインで完結する短期勝負のマーケティングではない。
いつもユーザーに寄り添い中長期的なブランドコミュニケーションでエンゲージメントを高めていくマーケティング(本書では、オールウェイズオン型と呼んでいる)であることを忘れてはならない。

だから時間もかかるし、一方的に売り込むのではなく、ユーザーとともに共感をつくることが大切になるのである。

いままさに旬、そして、これからしばらく広告業界を賑わすことになるであろうキーワード、“ソーシャルインフルエンス”。

まずは本書でそのエッセンスを押さえておいても決して損はないだろう。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1217-e9350c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad