アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

「Think Simple」 ジョブズの哲学が人間を前進させた。

クレージーな人たちがいる。

反逆者、厄介者と呼ばれる人たち。

四角い穴に丸い杭を打ち込むように、物事をまるで違う目で見る人たち。

彼らは規則を嫌う。

彼らは現状を肯定しない。

彼らの言葉に心を打たれる人がいる。

反対する人も、称賛する人もけなす人もいる。

しかし、彼らを無視することは誰にもできない。

なぜなら、彼らは物事を変えたからだ。

彼らは人間を前進させた。

彼らはクレージーと言われるが、私たちは天才だと思う。

自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えているのだから。

~Think Differentキャンペン

ジョブズがアップルに復帰してはじめて放った伝説ともいえる広告キャンペーン
「Think different」の名コピーの日本語訳である。

このキャンペーンを手掛けた広告代理店のクリエイティブディレクター・コピーライターの
ケン・シーガルが書いた新刊、「Think Simple~アップルを生みだす熱狂的哲学」を読んだ。



この有名なコピーのほとんどはシーガルが書いたものだが、
この本によれば1行だけジョブズが書いた個所があるという。

「彼らは人間を前進させた。」この1行だそうだ。

歴史にも名を刻むであろうジョブズの数々の功績。間違いなく彼は人間を1歩も2歩も前進させたのである。

シーガルが12年間彼の傍らで学んだジョブズの哲学は、ひと言でいうと「Simple」。

どんなに企業が大きくなっても、このジョブズの哲学は創業当時と何も変わらなかったという。

広告作りのほとんどに最初から最後までかかわり、とことん自身の考え方を貫き決して妥協しなかった。

多くの大企業が、規模と比例して複雑になっていくのに対し、あくまでシンプルにミニマルに徹する。

こんなエピソードが紹介されている。

ジョブズは広告会社の形式ばったプレゼンを大変嫌ったそうだ。そしてよくこう言ったと。

「広告代理店の人間になるのはやめて、普通に話してくれ」

ともすると派手な演出を施したプレゼンをすること自体が目的となってしまう
広告代理店のクリエイティブの無駄を一刀両断にした。

すべてがジョブズ流で、まさに哲学ともいえる高みにあったジョブズ。

広告代理店のクリエイティブディレクターという立場だからこそ語れる人間ジョブズの魅力を、
コピーライターならではの豊かな表現力で余すところなく紹介している。

広告業界で苦しんでいる人、広告業界を目指す人、はたまた自らの生き方に自信をなくしかけている人、
彼の生き様を知ればきっと勇気を貰えるだろう。

決して夢を諦める必要はない。なぜなら今この瞬間あなたはまだ生きているのだから。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1209-944d74aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad