アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人が生きる上で、目標が大切な理由

某雑誌で、尊敬する建築家・安藤忠雄氏が心に刻む言葉としてサムエル・ウルマンの青春の詩を挙げていた。

青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。
年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる……

私も若い時から大好きな詩で、事あるごとに読み返してきた。
いくつになっても心がけ次第で青春であると。その言葉の重みが歳をとるほどにわかるようになってきた。

安藤氏はこの詩を挙げて、現状に満足せず常に高い目標を持ち続けることで成長し続けることができる。
そういう意味で自分はまだ成長過程、だから目標を持つことが大切だと語っている。

2009年に大病をし、1カ月もの入院生活を余儀なくされたという安藤氏。
あらためて健康の重要さを知り自分を見つめ直すことで、さらなる目標を持てるようになったとも語っていた。

どこまでも前向きな安藤氏の生き方、せめて爪の垢でも煎じて飲みたい心境だ。

ある調査では、目標のある人の方が長生きするというデータもある。

長生きすれば良いというわけではないが、死ぬまで活き活きと生を全うしたいと思うのはすべての人に共通の思いではないか。

であれば5年後10年後の目標だ。

あの日立てた自分の目標は錆ついていないか?今、正直心からイエス!と言えない。
目標があいまいだから、気持ちが揺らぐのではないか。
あらためて目標の棚卸しが必要な今日この頃かもしれない。

明確な目標は人を成長させる。はずである。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1205-16aa458b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。