アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーダーシップ欠如の政治家たちに本書を捧ぐ。

人材コンサルタント、鈴木雅則氏が書いた「リーダーは弱みを見せろ~GE、グーグル最強のリーダーシップ」を読んだ。



GE、グーグルというグローバル企業で働き、かつリーダーシップを教えた経験から、リーダーシップの「型」をわかりやすく教えてくれている。

鈴木氏いわく、リーダーシップとは運転免許証のようなもので「この型を学び身につけることで、誰でもリーダーシップを身につけられる」と。

そしてリーダーシップは決してリーダーだけに必要な能力ではなく、すべての場面で要求されるビジネスマンの必須条件だとも。

鈴木氏が成功している経営者の著書を分析して見ると、リーダーシップの実践を三つのステップで考えているということがわかったそうだ。

すなわち、
(1)自分を知る(自己認識力)・・・私は誰か?
(2)絵を描く(ビジョン構築力)・・・どこへ行きたいか?
(3)巻き込む(コミュニケーション力)・・・私はどうやってそこへ行くのか?

鈴木氏はこの三つのステップを実際に文章や形にして「見える化」することでより的確に実践できるようになるとしている。

こうしてみると、リーダーシップを実践することはパーソナルブランディングの考え方とも似ているところが多い。いかに自身を客観視できるか、目的地を明確にできるかがカギを握っているようだ。

特に備えにくいのが、絵を描く=ビジョン構築力だろう。目先の出来事に捉われて大きく将来を見据えることが苦手な日本人気質みたいなところが邪魔をしている気がしてならない。

さて、大震災以降あらためてクローズアップされた感のある日本人リーダーのリーダーシップ欠如。

本書を読んであらためて思うこと、問題は日本のリーダーたちはきちんと「型」を学んでいないことに尽きる。

だから、ビジョンを描けない。国民の心を掴めない。

今からでも遅くない。下野し、少し時間がかかってもリーダーシップを学び直してはどうか。それほどレベルが低い、きわめて残念である。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1189-03f50d74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。