アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減成長による繁栄。はたして日本の政治家は?

今朝のニュース番組に自民党の谷垣総裁が出ていた。

原発問題、TPP、年金と、日本が抱える直近の課題に対して質問を投げかけられていたが、何とも歯切れの悪いこと悪いこと。仮に政権に返り咲いてもこの人にこの先の日本のグランドデザインはできるのだろうか?と不安になった。

谷垣総裁に限らず、ほとんどの政治家は自身のビジョンを持っているのかどうか怪しいものだ。
政権与党の民主党にしても、結局グローバリズム、GDPありきの旧来の政策に終始している。
そして何より問題は、この期に及んでまだ経済成長を前提としていることである。
国民の意識は大きく変わってきているのにかかわらずだ。本当にこの国の未来をこの人たちに託して良いのだろうか。

前置きが長くなったが、そんな中読んだのが「経済成長神話の終わり~減成長と日本の希望」だ。



書いたのはこの4月から立教大学法学部の教授をつとめる国際弁護士のアンドリュー・J・サター氏。

テーマはズバリ「減成長による繁栄」である。

脱成長、縮小経済、下り坂の時代、成長から成熟、等々これからの時代を考える際のキーワードは様々出ているが、サター氏は減成長、しかも減成長ながら繁栄を志向する新しい考え方だ。

本書でサター氏は民主党主体の経済成長を前提とした「オールドストーリー」と減成長前提の「ニューストーリー」を比較しながら、なぜ民主党の政策が間違っているのか、いたずらに成長を求めなくても満足を得られる考え方があることをひとつひとつ丁寧に解き明かしていく。

結論としてサター氏は、今の日本が再生するためには、教育からやり直さなければならない、最低20年はかかると。しかしそれをやることで、経済成長に依存しない日本の繁栄が再び築かれると提言する。

20年を長いと見るか短いと見るか意見は分かれるだろう。ただ今の政治のていたらくを考えると、いたずらに時を費やすよりよほど建設的な意見だとも思う。

サター氏は無理な経済成長を助長してきた広告の役割についても本書内で痛烈に批判している。今すぐ広告がなくなることはないが、その事実を認め考え方をあらためる時に来ていることは間違いない。

過去の成長神話を白紙にして、あらためてこの国をこうしていく。サター氏のような明確なビジョン、そして意欲と覚悟を持った政治家はいないのだろうか。この国の行く末を憂う、寂しい限りである。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/03/26(月) 10:26:08 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

Re: ありがとうございました!

中村様

隅田と申します。
コメントを頂き、ありがとうございました。
バタバタしており、本日まで気づかずにおりました。すみません。

サター氏、日本人以上に日本のことをよくおわかりになっていると感心しました。
彼の視点にも大変共感しております。

中村様の翻訳も翻訳であることを意識させない、素晴らしいものでした。
まるで日本人の作者だと勘違いしてしまうほどでした。

翻訳の方の存在自体を時折忘れてしまうことがありますが、
存在を感じさせないのは力量が高いゆえとあらためて思う次第です。

次回作等出版のご予定がございましたらまたお教え下さい。

ありがとうございました。

masaru.sumida@gmail.com 隅田 優

> 本書を訳した中村と申します。
> 発売間もないにも関わらず、とても励みになるレビューを頂き、本当に有難うございました。さっそくサターにご趣旨を伝えました。
> 今後ともよろしくお願い致します!
> ご意見・ご批判など、お待ち申し上げております!

  • 2012/04/18(水) 21:22:03 |
  • URL |
  • スミダマサル #oxObac6k
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1188-3cbb05c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。