アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

クリスマスの約束」のTeamODAに思う、会社経営の理想像。

毎年この時期のささやかな楽しみは小田和正さんの「クリスマスの約束」を鑑賞することである。

彼が一緒に歌いたいと思う人たちにリクエストして、名曲を共に演奏し歌うTBSの番組。

かれこれ10年くらいになるのだろうか……初回から欠かさず見ているが、
確か初回はことごとくリクエストを断られ2~3名の出演だけだったと記憶する。

それが年を重ねるごとに参加するアーティストの数も増え、
最も感動的だった一昨年と比べても勝るとも劣らない盛り上がりとなったのが
今年の「クリスマスの約束」だった。

個性の強いアーティストたちが見事、小田和正さんのもとで一つになり
28分あまりの一大メドレーを見事歌い上げた。
最後は見ている観客、そしてテレビの前の私も涙、涙………

小田和正さんからリクエストを受けたという喜び、誇りを胸に、
クリスマスのこの瞬間を共にしたいという思いで集まったアーティストたち。
歌という強い絆で結びついた彼らの心はは、間違いなくその瞬間ひとつになっていたことは間違いない。

少し強引かも知れないが、
ふと「もしこのTeamODAが会社という組織だったら、こんなに強い会社はないのではないか」、
そんな風に思ってしまった。

尊敬できるトップのミッションに共感し、誇りを胸に自らの役割をまっとうした結果、
顧客にかけがえのない感動を提供する。

ある意味、経営の理想形である。こんな会社だったらぜひ参加してみたい、おそらく多くの人が賛同するはずだ。

理屈も大切だが、理屈を超えたところにこそ人の結びつきの素晴らしさがある。
「クリスマスの約束」にその真髄をみた気がする。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1155-d9703160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad