アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスティング広告はこの先どこへ向かうのか?

ヤフージャパンのリスティング広告の管理画面が先月リニューアルされた。

今回のリニューアルについてはずいぶん前からアナウンスされていたにも係わらず、
新管理画面のトップに長らく問合せに応えきれていないお詫びが出ていた状況から判断すると、
リニューアル後の混乱はいまだ終息していないようだ。

私自身の実感としても、新管理画面はどうにも使いづらい。
そもそも何のためにリニューアルしたのか、その理由が腑に落ちず、
良くなったのかどうかわからないまま宙ぶらりんの状態にあるというのが素直な感想だ。

いずれにしても、検索サイト経由からソーシャルグラフへ
トラフィックの流れが大きく大きく変わっている今、
提供元のあせりもあるのではないかと考える。
まさに今リスティング広告自体の存在価値が問われているのではないだろうか。

さて、そんなタイミングだったので、本書「リスティング広告~プロの思考回路」を
書店で見つけた時には思わず手に取ってしまった。
リスティング広告を扱う者に向けては絶妙なタイミングである。



本書は久しぶりに出版されたリスティング広告関連の書物で、
ヤフージャパンリスティング広告のリニューアル後はじめての書籍でもある。

さぞや最新事情について書かれているのかと期待して読んだわけであるが、
内容的には今後のリスティング広告の可能性についての記述の方に興味を惹かれた。

それは簡単にいえば、リスティング広告単体で考えるのではなく、
キャンペーン全体を俯瞰して見て、他の手段と柔軟に組み合わせることで、
もっとも効果的な設計を考えていくフェイズに入ってきているということだ。

裏をかえせば、リスティング広告そのものだけではこれまで以上の効果を出すことが
難しい状況になってきたということかもしれない。

いずれにしても最近出版されていないリスティング広告関連の書籍だけに、
携わる者にとっては貴重な1冊であることは間違いない。

しかしながらソーシャルメディアがコミュニケーション手段の主役に躍り出た今、
リスティング広告がこのままフェイドアウトしていくのか、
新しい形に姿を変えて再び脚光を浴びるのか、気になるところではある。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1152-88c42543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。