アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

ネットワークはヨコのつながり。

「小さな企業のソーシャルビジネス~京都発ソーシャル行き」を読んだ。



京都でソーシャルアントンプレナーネットワークという、社会起業家をまとめる非営利の組織を運営するふたり、
経営者と元大学教授の共著。

会社というのはタテ社会というように、上司と部下というタテの関係で成り立っている。
役職で呼び合うのはその典型で、その傾向が強い会社ほど封建的で建前主義であることが想像できる。

その一方で最近では「さん」づけで呼ぶ会社も多く、こういう会社は
社会へ扉が開かれている可能性が高いのではないだろうか。
こうしてみると組織の形を見るだけで会社の考え方までわかるのだから、たかが呼び方とあなどれない。

しかし、これからの時代、会社にとってもっと重要になるのがヨコの関係である。
このヨコの関係、タテ社会の意識が強い会社ではなかなか作れないので、さらに始末に負えないのだ。

タテからヨコへ。このキーワードを甘く見ると、経営は自然と時代から取り残されていくことになる。

さて、肝心の本書の内容であるが、
共著者のひとりである経営者は、京都でオフィス用品販売のカスタネットという会社を経営する植木力氏。

植木氏は立ち上げ時からビジネスを通じて社会に貢献する意識を持った、根っからの社会起業家。
ヨコへのネットワークを広げ、さまざまなアイデアをいろいろな人たちと出会い形にしている。
キフトという贈り物と寄付を組み合わせたアイデア商品をはじめたり、カンボジアに学校を建設したり。

まだまだビジネス自体は成長過程のようであるが、社会に役立つことを第一義として
可能性を追求している素晴らしい人柄であることが本書からも窺える。

その他にソーシャルビジネスを営んでいる小さな企業に実例が豊富なのも本書の特長。
ソーシャルビジネスというと、とかく大企業の話と思われがちだが、会社の規模に関係なく
大切なのは想いの強さであることが本書を読むとよくわかる。
社会起業を目指す人にも、社内で社会的な事業の立上げを考える人にも大いに参考にできる1冊である。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1139-f008243c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad