アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「3.11」が変えた、働き方観。経営のあり方も変わる。

今週号のアエラで読んだ、「3.11」後の転職事情。

ビズリーチが実施したアンケートによれば、
「震災後、仕事に対する考え方に変化があった?」という問いに、「はい」と答えた人が過半数を大幅に超え、
さらに「どのように変わったか」に対して、
「仕事を通じて社会貢献をしたいと考えるようになった」と答えた人が、最上位になったという。

そして、自分自身の働き方を再確認する中で、収入や肩書ではなく自分自身のものさしで
転職をするという機運が高まっていることを記事は伝えている。

離れた地にあって幸いにも今までの「日常」で生活できている私自身でも、
大げさかもしれないが「生きるとは」「働くとは」を、気がつくと自問自答している毎日だ。

もちろん会社は利益を追求するものだ。それでなければ成り立たない。
とすれば、肝心なのはその利益の求め方なのだろう。

はじめに利益ありなのか、世のため人のためになる結果として利益を得るのか、
同じように見えても180度違うと思うのだ。

世の中にビジネスを通じて社会貢献を考えるようになった人が増えれば、
きっと企業の利益の求め方が今まで以上に問われるようになるだろう。

できるなら、共感できる会社の商品を買いたい、サービスを利用したい。
そんな価値観を受け止めて経営を再考すべき時が来ているようだ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1138-88d97418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。