アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

手書きだから伝わる、スローアド。

先に書いたミシマ社の発行するコミュニケーションペーパー、
「ミシマ社通信」がたまたま手書き、というわけではないが、
ここのところ、手書きの販促ツールや広告が目につくようになった。

そんなことを考えている中、今月号の宣伝会議・INSIDE MEDIAで
「スローアド」という新しいコミュニケーションの形、なる記事を見つけた。

本記事で「スローアド」と称されているのは、
3日連続で朝日新聞に掲載されたPILOTの15段企業広告。

ほぼ全文が手書きで、ゆっくりと自分の手で書くことの意味を訴えかけている。

手で書くことは時間がかかる。
しかし、その分、ひと言ひと言文章を確かめながら
想いをこめて丁寧に伝えることができるのかもしれない。
だからこそ相手の心に、より伝わるのだろう。

最近、リチャード・ワトソンが書いた「減速思考~デジタル時代を賢く生き抜く知恵」という本が出た。
情報過多の時代だからこそ、情報に翻弄されるのではなく、
自らの価値で情報をコントロールする、スローシンキングを提唱している。

機械に頼ればある程度のことは表現できる。しかし逆にいえば、
機械を操る自分の能力に限定されるという宿命が常につきまとう。

手書きの文字が心に沁み入ってくる「スローアド」が注目される背景には、
私たちの情報疲れがあるのかもしれない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1127-ecab4769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad