アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

iPhoneはケータイの進化形にあらず。

iPhoneはケータイかPCか。使っている人は今さらという感じだろうけど、
ずばり、iPhoneはPCである。

使ってみて実感するのだが、まさにPCなのだ。

それにまつわる記事が、最新号の週刊ダイヤモンドの特集
「スマホ完全理解」に乗っている。

先日亡くなったスティーブ・ジョブズ氏が、2010年ハイテクメディア会議の席上で、
iPhoneはタブレット端末の開発の中から派生して誕生したものだと明かしているとのこと。

アップルファン、iPhoneファンは周知の事実かも知れないが、あらためて「なるほど」と感心した次第。

つまりは、先にiPadという発想があり、その小型版としてiPhoneを作り、世に出したということである。

インターフェイスをあらためて見てみると、ケータイからは絶対に生まれない発想だと頷ける。

ケータイという枠でどんなに一所懸命に考えても絶対に出てこないアイデア、
それこそ真のイノベーションというものだろう。

経営者ではなく、イノベーター。

孫正義氏がダ・ビンチと並べて称賛したスティーブ・ジョブズ氏の多大な功績。

確かに彼が時代を何十年も前に進めた気がする。

その発想の源がどこにあるのか、もっと詳しく知りたくなった。しかし、彼はもういない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1125-33765294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad