アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

明日のコミュニケーション。広告はなくならない。ただ、広告という「枠」がなくなるだけだ。

佐藤尚之氏、待望の新刊「明日のコミュニケーション」を読んだ。



大ベストセラーとなった前作「明日の広告」の続編にあたる本書、
書名の「広告」が「コミュニケーション」となったところが、
もはや広告という枠が無くなりつつあるという、なによりの証だろう。

内容は、前作でツイッター止まりだったソーシャルメディアが、
Facebookの加速度的な普及によりコミュニケーションの中心に据えられつつあることが大きな違い。

佐藤氏は、SIPSという新たなコミュニケーションモデルを提示し、
共感を入り口とした新たなコミュニケーションの時代の到来をわかりやすくかつ丁寧に解説している。

特に重要となるのが、企業に対する消費者の共感である。
これが出来上がっていないかぎり、どんなにソーシャルメディアを使っても効果を発揮しない。

ましてや共感は一朝一夕でできあがるものでないだけに、企業としての地道な活動の継続が
いまいちばん求められているのだ。

マスメディア、特にテレビはソーシャルメディアと相性が良いと佐藤氏は語る。
テレビを見ながら、ソーシャルメディアでコミュニケーションをとるスタイルが一般的になりつつあるようで、
そういう意味では、アテンション中心ではなく、SIPSを意識したテレビCMの作り方が肝になるようだ。
また同時に、ラジオもソーシャルメディアとの連携により再び活用の場が広がってくるとも。

タイトルに掲げたのは本書に登場する佐藤氏の名言。
広告はなくならない。ただ、広告という「枠」がなくなるだけだ。

この言葉に佐藤氏が伝えたいすべてが包含されているように思う。

過去の成功体験を放棄して、広告代理店は広告代理という看板を潔く下ろす時だろう。
それができれば新たな可能性が見えてくるはずだ。

本書「明日のコミュニケーション」には
広告会社とアドマンの未来のヒントが数多く散りばめられている。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1120-66fbcbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad