アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の使い方でわかる企業の誠実さ。

必要があって、同業種の企業のサイトを比較しているのだが、
ひと通り見終わって気がつくことがあった。

それは、文章内の言葉の使い方だ。

同じようなことを語っているのだが、微妙に言い回しが違うように見える。

なぜだろう?と考えてみて、なるほど、と思うのは、
俗にいわれる「顧客視点」であるかどうかだった。

顧客視点のない会社の言葉は、どうしても独りよがりで自画自賛的になる。
おおげさであったり、やたら形容詞が多かったり。
洗練されていてもどうも心が伝わってこないのだ。

逆に「顧客視点」の会社は、身の丈で自然体の言葉遣い。
さらに伝えたいポイントになると、データやお客様の言葉を上手に活かしてフォローしていく。
結果、全体から謙虚さ、誠実さが伝わってくる。

常々言っているのだが、「伝える」のか「伝わる」のか、
経営者や会社の考え方や言葉遣いひとつで180度変わってくるのから奥が深い。

考え方が言葉で表れるのであれば、まず考え方を変えないことにはどうしようもない。

とはいえこれが結構やっかいで、長年培ってきた商売の価値観は
わかっていてもなかなか変えられないものだ。

まずはそれを理解する責任者を立て考えを共有できる社員を育てなければならない。
たかが言葉であるが、それをあらためていくのには思いのほか時間がかかる。

企業の本気度は、言葉に表れる。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1118-684cb23b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。