アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

宮永博史氏「わかりやすいマーケティングの教科書」

東京理科大学MOT大学院教授の宮永博史氏が書いた「わかりやすいマーケティングの教科書」を読んだ。



今さらマーケティングの教科書的な本を読んでも意味がないのでは、と一瞬思ったが、
手にとって開いてみると、少し様子が違う。

マーケティングの教科書というと、一般的には仕組みづくりについて書かれている本が多いわけであるが、
この本は、冒頭コミュニケーションの話からはじまる。

著者の宮永氏いわく、「マーケティングとは人の心をひきつけること。」

企画を立てて実施するためには、まずは上司の承認を獲得しなければならない。
したがって、上司のこころをつかめなければ、どんなにいい企画だと思っても
永遠に日の目を見ることがない、と宮永氏。

つまりマーケターにとって、マーケティングのはじまりは上司のこころをひきつけることなのである。

そういわれてみると、確かにそうだとうなづいてしまう。

どんなに素晴らしいと思う企画でも、城氏の厳しい目を通り抜けられなければ、
永遠に日の目を見ることはないのである。

だから世の中を変えるような過去の企画は、上司の確かな審美眼に恵まれたとも言える。

登場する実例も、新しい例が多く、新鮮に読むことができた。

タイトルが教科書とあるだけにどうしても入門書的に映るが、
実はある程度のレベルの人間にとっても役に立つ本であるし、
いま一度原点に返ってマーケティングとはを自身に問いかけるきっかけとしても最適な1冊である。


そういう意味では、本書は超実践的なマーケティングの教科書と言える。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

宮永博史

宮永博史、で私もブログに書きました。今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1116-2f0fe9e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad