アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走り続けることの大切さ。

有名な中距離ランナーがマラソンに転向するケースはよくあるが、
成功するケースは少ないように思う。

30kmくらいまで順調に走っていても、30kmを超えると一気にペースダウン、
そのまま途中棄権も数々目にしてきた。
そのたびに「どうして?」と驚きを隠せなかったものである。

まさにこの「?」がマラソンは30km過ぎからと言われる所以だろう。
そういったシーンを見るたびに中距離を走る才能と長距離を走る才能はまったく別物と納得できた。

さて、人生はよくマラソンに例えられるが、私自身の年齢からみれば、今は30kmを過ぎたあたりか。
世代的にはいよいよゴールも見えてくるという感じだろう。
しかしながら10年前、20年前であれば、それまでの余力で悠々ゴールを迎えることも可能だったように思うが、
今や1分先に何が起こるかも分からない時代だ。

走りを止めて歩くことはまだ早い。というかここからが勝負のときである。
だから一歩一歩は小さくても前に前に進めることが大切と肝に銘じている。

今年のTCC賞新人賞を獲得した、こんなコピーがあった。

「いいパスは、走る続ける人のところに飛んでくる。(リクルートエージェント)」

しかり。パスはいつ飛んでくるかはわからない。
大切なのは、いつでもパスを受けられるよう、準備を怠らないことだ。

走り続けるためには、気力と体力の充実が必要不可欠。年を経るごとに感じている。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1115-a758fe43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。