アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費のニューノーマルがわかる。

リーマンショック以降の価値観の転換。そして大震災以降に決定的となった新たな価値観。
そのあたりを調査データをもとに分析、そしてそのデータで時代を考察した
フロネシス「消費のニューノーマル」を読んだ。



調査を行ったのはシンクタンク三菱総研。最新の3万人調査、そして独自の未来予測を駆使し、
まとめ上げたのがこの本である。

冒頭の小宮山宏氏の「21世紀型の消費へ移行しよう」から始まり、
浜矩子氏と阿部淳一氏の対談「高め合いと分かち合いの発想で」、
三浦展氏の「シェアはヨコにもタテにも広がっていく」など、
短いながらも凝縮された内容だ。

いずれもプランナー、マーケッターにとっては、企画書作りの参考にできる濃い情報である。

中でも私が最も参考にしたいと思えたのは、三菱総研の佐野氏、片岡氏による分析、
「新しい普通が見えてきた」。

大量消費時代のオールドノーマルと震災以降決定的となったニューノーマルの比較。
市場規模や購買能力、購買意欲などの変化を鋭くえぐっている。
最後のまとめでは、新しい欲望の目覚めとして、価値観の変化から生まれた、

らしさ「レス」
クールジャパン
ソーシャル
シェア

の4つの消費の軸を実例とともにわかりやすく紹介している。

ソーシャル、シェアはすでにいろいろなところで紹介され十分に共有さえていると思うが、
最初の、らしさ「レス」は興味深い。
山ガール、釣りガール、写ガール、鉄子など、男性主体マーケットへの女性参入という
新たな波が広がっている。

男性主体マーケットへの女性参入は、今後のマーケティングのひとつの鍵となるかもしれない。

オールドノーマルとニューノーマルの比較


時代の先を読む能力はマーケッターにみならず、アドマン、プランナーにも
この混迷の時代に最も求められる資質であることは間違いない。

消費のニューノーマル。時代は間違いなく新たな方向へ向かっていることを再確認させられた1冊である。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1097-032a6e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。