アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

情報操作する国、ついにパソコン出荷数、世界一へ。

アメリカの調査会社IDCの発表によると、今年の4-6月期のパソコン出荷台数で
中国が約1,850万台となり、アメリカの1,770万台を抜いて世界最大の市場となったという。

経済成長とともに中国市場が拡大する一方、景気の減速や多機能端末の普及で、
アメリカ市場の縮小傾向を反映している。

中国といえば、グーグルとの確執をはじめ、情報操作が当たり前の国であるが、
その一方でパソコン市場が拡大していることにより、今後情報の開放がより一層求められることは
間違いない。

となれば、国がどう対処するかが気になる。
開放の波に乗れば、国の幹部たちは自らの首を守り切れなくなる。
とはいえ、このまま情報操作を続けていれば、いずれジャスミン革命のような運動に波及しかねない。
いずれにしてもパソコンの普及は、現国家幹部たちにとっては頭の痛い話なのである。

ちなみに、インターネット利用者数は、すでに08年にアメリカを抜いて世界1位になっているとのこと。

恐るべき中国パワー。情報感度でも世界1位となる日は近い。
その時、日本はじめ世界の大国はどのようなポジションにあるのだろう。時々心配になる。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1096-275c76fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad