アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

普通人感覚の普通じゃない社長が書いた、社長のメモ。

株式会社アイエムエフネット社長の渡邊幸義氏が書いた「社長のメモ」を読んだ。



アイエムエフネットは、企業にIT系の人材を派遣することがメインの会社。
最近マスコミで話題に上るのは、この会社がさまざまな障がい者の雇用に力をいれていることだ。

自らを落ちこぼれ社員と位置づけ、落ちこぼれだからこそここまで来れたと自負する渡邊氏。

本書は渡邊氏が創業から今日まで、どのような考え方で会社を経営してきたか、
1話完結のメモ方式でわかりやすく紹介してくれている。

内容的には特に個性的であるわけでもなく、
当り前のことを当り前にやる大切さを教えてくれていることが特長だ。

スキルの前に人間性、そんな渡邊氏の考え方がページをめくる度に伝わってくる。

障がい者を雇うことが目的となりがちな会社が多い中で、
渡邊氏の考え方は、障がい者を障がい者として特別扱いするわけでなく、
障がいもひとつの個性として、ひとりの人間として健常者と同様にあつかっているところが
共感を覚える理由だろう。

なかなか障がい者の雇用が進まない中、渡邊氏のような経営者が一人でも多く生まれることを望む。
少しでも関心があるのなら、まずは本書を一読することをおすすめしたい。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1095-f46582a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad