アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

工藤啓氏「NPOで働く」

工藤啓氏の書いた「NPOで働く」を読んだ。



本の帯には、「社会の課題」を解決する仕事、とある。

最近は、一般企業もCSRということで、目的においてはNPOとの違いが見えにくくなっているが、
よりミッションが明確なのがNPOなのではないだろうか。

その他に営利企業との違いは、収益を上げないということ。
しかしイコール、ボランティアというのは大きな誤解。

事業NPOとしてきちんと収入を得ている社員が多くいるNPOも実はたくさんあるのだ。
その啓蒙がきちんとされていないことも、まだまだNPOが特別視される理由のひとつだと思う。

工藤氏が理事長を務めるNPO法人「育て上げネット」はそんな収益化がなされている法人のひとつ。
まだNPO自体の認知が低い時代に若くしてNPOを立ち上げ、今日まで実績を積み上げてきている。

工藤氏のミッションは、理由があって引きこもりとなってしまった大人の就業支援と
就業が継続されるための支援である。
就業までを面倒みてくれるNPOは数あるものの就業後の継続性をサポートしてくれるという点に
目をつけた独自性が評価されているようだ。

本書を読んで、正直、NPOの運営は損得抜きでないと難しいということがよくわかった。
と同時に、目先の利益に翻弄されない分、腰を据えて求める道をまっとうできそうな気もする。

どちらがよいかは、あくまで自身の価値観の問題だと思うが、
少なくとも時代はミッション重視に向かっていることは間違いない。

NPOのエッセンスを企業経営に活かす、そんな視点でも参考にできそうな点が多々ある、良書だった。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1083-81a5768b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad