アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

ビックカメラが工場見学会に学ぶ、企業のCSR活動。

家電小売り大手のビックカメラが家電リサイクル工場の見学会を実施するというニュースを読んだ。
(日経MJの記事)

グループのリサイクル工場で、テレビやエアコンの解体現場を見学できるということで、
ビックカメラとしては初の試みとか。

この記事を読んで思うことは、CSRというとメーカー主導で、
一見CSR活動と縁遠いようにみえる家電小売店であるが、
真摯に本業を見つめてみれば、意外と身近にできることがあるという好例だ。

自社グループにリサイクル工場を持つ意義をアピールできるし、
社会におけるリサイクル活動の必要性を訴えることもできる。

なにより対象を子供に絞り夏休みに実施することで自主研究課題の発表にも利用できる。
さらには発表からの話題の広がりも期待できるだろう。

イベントというとどうしてもエンターテイメント的なものに流れがちであるが、
地に足の着いた活動が受け入れられる土壌も少しずつ出来上がりつつある。

お客様へのイベントに悩んでいる担当者には、少し集客というプレッシャーから解放されて
見ると意外と新鮮なアイデアが生まれるかもしれない。
そういう意味ではこのビックカメラの例はいいヒントになりそうだ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1073-a2d00b29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad