アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

佐藤綾子氏「55歳は分かれ道」。

佐藤綾子氏が書いた「55歳は人生の分かれ道」を読んだ。



書店の店頭でこの本を見つけた時、まさに自分のために書かれた本と感じた。

手に取ってみると、佐藤氏が55歳前に、さまざまな苦労に出会ったが、
結局その時点を前向きに生き抜いた結果、素晴らしい第二の人生が待っていたという、
いわば彼女なりの人生論を書いている。

最近では男性の更年期も当たり前の時代になってきたが、55歳といえば、
ちょうど更年期を終えるくらいの年齢。
妙な不安だったり、動悸であったり、何かと身体に不調を覚えるのもこの頃であるが、
ここで人生を終わりと考えるのではなく、次の人生への準備期間と考えると少し気が楽になるのではないだろうか。

本書は佐藤氏が自ら体験した55歳からは「こう生きる!」を人生の後輩たちにアドバイスしてくれる。

時代の潮目が変わってきている。新たな自分をいま一度見直す時だ。

恐れずひるまず前に進もう。中高年にエールを贈る1冊である。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1049-8d657d72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad