アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本好きならぬ本屋好き。

ブルータスの最新号、特集はずばり「本屋好き。」

まるで私のための本のよう。
時代的には電子書籍が注目されているが、どっこいリアルの本屋もどんどん進化しているのである。

そんなリアル書店の最新事情を、今号のブルータスでは多彩に紹介している。

本書に登場する書店は合計300店。いずれも個性的な書店ばかり。

さて地元名古屋ではというと、千種区東山公園前にある「ON READUNG)おんりーでぃんぐ)」が見つかった。
アート本を中心に自分たちがいいと思った本だけを直接仕入れているそうだ。

しかしながら、名古屋にある書店で紹介されているのはこのほかに「ウニタ書店」「cesta」くらい。

つまり300店紹介されているにもかかわらずこれだけということは、
まぁ地方で取材が難しいことはさておいても、何とも寂しいかぎり。

名古屋はそれだけ個性的な書店が誕生しにくい土地柄であるともいえるかもしれない。

しかしあらためて考えてみると、名古屋の隣町で誕生したビレッジバンガードがあるではないか。
個性的な書店のはしりは、地元から生まれているのである。

本好き以上に、本屋好きを自称する私にとっては、
ビレッジバンガードのような個性的な書店が1店でも多く、誕生することを期待する。

なぜなら個性的な書店が成立する街は幸せな街だろうと思うからだ。
そして本好きの私自身がもっと幸せな気分を味わうことができる。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1024-3f86a26b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。