アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

ISO26000に注目。

ISOというと製造や環境に関するものという認識があったが、
このところにわかに注目を集めつつあるのが26000。
ほかのISO認証とは少し状況が違うようだ。

26000はCSRの国際規格。
いよいよ企業の社会的責任が重要になってくる、そんな時代が目の前に迫っている。

何かISO26000についてわかりやすく書いている本がないかと探したところ、見つけたのがこの1冊。
小池光生氏が書いた「ISO26000で経営はこう変わる」だ。



書店の関連コーナーをざっと見回しても、堅めの本が多く、
マーケティング的に経営にまで踏み込んで書いた本が
少なかっただけにダントツで目に留まった次第。

内容的にも26000をどう経営に活かすか、実践的にかかれており、
なぜ今ISO26000かという理由がわかりやすくまとめられていた。

経営と社会貢献は両立できる。それどころか、積極的に社会とかかわる事により、
さらに経営の成長性が高まる。
社会貢献なんて、利益が上がったときにやるもの、そんな認識の経営者が
もしいるとすれば、時代錯誤もはなはだしい。
社員はもちろん、入社予備軍からもそっぽを向かれる時も近いだろう。
そうなる前に、まずはCSR、ISO26000を学んでみよう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1021-163cc745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad