アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

コントロールをあきらめる、とは?フェイスブック時代のオープン企業戦略

シャーリーン・リー女史の新作「フェイスブック時代のオープン企業戦略」を読んだ。



まずタイトルだが、原題の「オープンリーダーシップ」の方がよほど合っていると思うがどうだろう。
フェイスブックをタイトルに、というのは少し安易すぎないか。

さて本書であるが、正直、リー女史の前作「グランズウェル」から見ると、ややインパクトに欠けるが、
時代のちょっと先を予測するという意味ではリー女史の視点は本作でも健在だ。

フェイスブックのオープン企業戦略は、ズバリ、コントロールをあきらめることから始まる。
コントロールをきつく行ってきた企業から見れば、とてもそこまでは、ということになるのだが、
この価値観を理解できないと、オープン化も何もあったものではない。

いささか逆説的になるのだが、コントロールを手放したら、コントロール可能になる、というのが、
女史が唱えるオープン企業戦略のキモなのだ。

またオープン企業戦略に取り組んでいる企業の実例も豊富である。

この本を読んであらためて思うことは、中途半端にソーシャルメディアを活用するくらいなら、
やらない、という選択肢もあるということだ。
中途半端に始めたばかりに、大きなリスクを負うことになってしまう。
気づいた時は後の祭り、なんてことも。

メリット・デメリット、本書を読んでまずは自社に当てはめてみよう。
自社の現在の立ち位置もおのずとわかるはずである。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1018-6619c9c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad