アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

企業の成長のカギを握る、社長のデザインセンス。

日経デザイン編集の「日本のデザイン」を読んだ。



日経デザインに連載されたものをあらためて単行本化し出版。
1冊通して読んでみると、あらためてこれからの企業の成長にはデザインが重要であることが理解できる。

特に商品自体がコモディティ化し差別化が難しい時代なればこそ、
デザインで差別化を計ることの意味が際立ってくるのではないか。

本書に登場するのは、
星野リゾートの星野社長、エステーの鈴木社長、スマイルズの遠山社長など、
すでにおなじみの社長はもちろん、
普段はあまり目にすることのない、小さいけれどひと味違う企業の社長まで数多い。
またクリエイター代表としてはタグボートの岡康道社長も登場している。

さて知名度はまだまだだが、ひと味違う社長として、たとえば、
香川県にあるマルモ印刷代表の奥田章夫社長。
「情報産業としての印刷業に将来はない」として特殊印刷の分野に進出、
今では地球儀をモチーフとした「ジオグラフィア」というブランドでBtoC販売にも乗り出した。

規模や知名度だけでなく、ピカリと光るアート感覚、センスを活かした企業経営の先駆者となった
さまざまなジャンルの社長たち。
そして彼らの戦略をカタチに変える一流のクリエイターたち。
そこにあるのは主従の関係ではなく横並びのパートナーである。
こんな経営者と出会うことができればクリエイター冥利に尽きるといってもよいかもしれない。

デザインのわかる社長が増えれば、毎日がもっと楽しくなるだろう。
それは製品やサービスの触れる生活者だけでなく、働く人や協力会社にとってもだ。
そのことを社長がわかるかわからないか、その違いは大きい。

まずは、世の中の社長たちがひとりでも多くこの本を手に取ることを願う。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1017-afd2b31f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad