アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じものを売っているのに、儲かっている会社、儲かっていない会社。

コンサルタントにして公認会計士、さらには大学院教授の金子智明氏が書いた、
「同じモノを売っているのに、儲かっている会社、儲かっていない会社」を読んだ。



副題に、利益から仕事のやり方、会社のやり方の違いが見えてくる!とあるように、
実は利益を上げている会社は、やっていることが違うということを
さまざまな実例を丁寧に紹介しつつわかりやすく教えてくれている。

印象に残ったのは、掛け声や命令では結局、売上アップもコスト削減も解決できないという金子氏の言葉。
重要なのはどのような行動を取るか、売上もコストも何らかの行動の結果であり、
原因となっている行動を変えない限り、その結果である会計数値は変わらないと。

ともすると、売上数字の分析に終始しそれで満足してしまう本末転倒な会社もあるようであるが、
おそらくそういった会社はこんなに頑張っているのになぜ売上は上がらないのか、
なぜコストは削減できないのかと地団太踏んでいるに違いない。

コスト削減!と大きな声を張り上げるより、小さなことで実行し結果を検証すること。

気づいているようで目から鱗の情報が満載、私にとっては非常にお得な1冊となった。

金子氏は最後にこう書いて締めている。

仕事をしていれば誰でも何らかの問題を感じている。
何らかの問題がある時、会社に居続けるなら、会社を変える努力をすべき。
さもなくば、自分自身が変わる、すなわち会社を去るのみ。

2つの選択肢から、金子氏は後者を選択し、最初に勤めた日本航空を退社したという。

会社を変えるか。さもなくば、自分が変わるか。深い言葉で永遠のテーマかも知れない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1004-b785a1cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。