FC2ブログ

アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

プロフェッショナルの条件は、どこでも誰とでも働けること。

尾原和啓氏が書いた「どこでも誰とでも働ける」を読んだ。

どこでも誰とでも働ける

副題に、12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール、とあるように尾原氏はマッキンゼーを皮切りにリクルートやGoogle、楽天など、独自性を持った多くの会社のキャリアを持つ人。

そんな彼の仕事観を知りたくて本書を手に取った。

私自身、35年あまり会社勤めをした経験を持つが、転職はわずか2回。キャリアアップのためというよりは必要に迫られてというのが正直なところだ。

尾原氏の転職の考え方は、私とは正反対。その背景にあるのは、肩書きではなく、自分の名前で生きる勇気を持つ、ということ。

与えられた仕事を自分事化して、最小の時間で最大の効果を出し続ける。それにより、◯◯会社の尾原さんではなく、◯◯ができる尾原さんになる。

簡単なようで簡単ではない。なぜなら誰しも目の前の生活を維持したい、そんな気持ちが働くからだ。転職に臆病になるのも当然だろう。

しかし、これからの時代はそういうわけには行かなくなる。尾原氏は働き方を根底から変えざるを得ない、世の中の3つの変化を挙げている。

(1)社会やビジネスが、いっそうインターネット化する
(2)これからビジネスで活躍できる人は、プロフェッショナルだけになる
(3)会社と個人の関係が根底から変わる

かつて糸井重里氏が書いた「インターネット的」がまさに現実になろうとしていると尾原氏。リンク、フラット、シェア、さらにはIoT、AIなどの技術進化が組織のあり方から働き方、ひいては生き方まで、現在の価値観を180度といってもいい劇的転換を促す。

そんなこと、ありえない。あったとしてもまだまだ先だろう。そんな他人事でいる人は要注意、自動運転技術を見ても、絵空事ではなく、ほんの数年後に街中を当たり前のように自動運転者が走ることは間違いない時代なのだ。

何が起きてもおかしくない時代だからこそ、会社に依存する生き方は早々にあらためなくてはいかない。

どこでも誰とでも働けるように、自身の得意を磨かなければならない。数年前にそのことに気づき自ら実践してはいるが、本書を読んで、まだまだ足りないと痛感、尾原氏の考え方を通して、あらためてプロフェッショナルとはどうあるべきかを考えさせられた。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

集中力と持続力。

働いて生きていく上で、大切なものはなんだろう?

最近、また読み返している村上春樹氏の長編や紀行文。

その中に、マラソンのトレーニングと長編小説を書くことの共通点についての記述があった。

村上氏いわく、その共通点は「集中力」と「持続力」が肝心で必要不可欠ということだ。

余分なことを考えず走るということに集中する。それをひたすらに続ける。

邪念があったり、油断があったりすると、30km過ぎからそれまでの調子が嘘のように走れなくなるようだ。長編小説も同様。計画を立て、集中して続けないと、ゴールにたどり着けない。

そんな話を読んで、はたと自分自身の現状に立ち返った。

考えてみれば、長く書き続けていたブログもここ2ヶ月は投稿画面を立ち上げることすらなかった。週に2回は、と決めていたウォーキングも、週に1回もできていない。いつしか汗ばむ季節がやってきてしまった。

会社勤めではなく、個人事業主となったから余計に意識する必要があろう。なにせ朝起きなくても誰にも咎められることはない。目覚まし時計として役割を果たせるのは自分自身の自覚だけである。

それにしても、マラソンと長編小説を例にあげる村上氏に対して、ブログとウォーキングとは(笑)。

働いて生きていく上で大切な集中力と持続力。今一度、肝に銘じよう。